Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIというロマン

昨年のことだったか、
AI麻雀「爆打」が七段になったときに出た
どこかの記事を読んで
僕はちょっとした違和感を覚えた。

たしかこんな表現だったと思う。

「麻雀においてプロレベルとされる天鳳の七段になったAI」

今読んでもやはり違和感がある。
もう少し踏み込んで言うなら、
麻雀についてよく知らない人向けの記事とすると
これは明らかにミスリードを招く表現だ。

・天鳳の七段になることは七段の実力を保証するのか

→七段になるだけでは成績のぶれの域を出ない。
安定段位という指標にしたところで絶対のものではないし
麻雀というゲームの性質上、段位が実力を正確に示すものではないことは
麻雀の実力を語る上で絶対に踏まえるべき事実だ。

・爆打は七段の実力があると言えるのか

→爆打は当時、安定段位にして六段前後だったと思うが、
実際かなり長い間七段から五段の間を往復していたわけで
七段の実力が当時あったとは言えないと思う。

・麻雀のプロレベルの実力とはどの程度の実力を示すのか

→将棋で言えば、プロレベルといえば
アマチュアには全く歯が立たないレベルだ。
トップレベルのアマチュアであっても
プロの一番下の層が相手でさえ、ハンデなしで戦えば5割勝てない。
(それも元奨励会のようなプロ養成機関に所属していた人ばかりだ)

麻雀のプロレベルと言った場合に、それが
プロのトップと同じレベルなのか、平均なのか
あるいは一番下の層なのかが曖昧である上に
そもそも実力評価自体が難しいものだ。

AIの実力を論じるときに用いる物差しとして
プロレベルという表現は妥当ではないだけでなく、
将棋プロとアマの間にあるような絶対的実力差があるかのような
誤解を生みかねないと思う。

・天鳳の七段はプロレベルの実力と言えるのか
→麻雀プロの実力を正確に判断するのは不可能だけれど
トッププロが七段程度には留まらないことは
おそらく衆目の一致するところだろう。

平均的なプロ(これも微妙な表現だが)であっても
七段に到達するのはそれほど難しくないと思う。
平均以下のプロでようやくちょっと大変なんじゃないかという印象だ。

従って、まるで目盛りの正確でない物差しで曲面を計測するかのような
そんなもどかしさを感じざるを得ない。

何よりも、これらについて一切考察することなく
単に七段になった事実だけをもって
あたかも将棋のAIと同列のような形で論じたその記事には
率直に言って不満があった。

(実を言うと記事が出た当時に
その違和感について書こうと思ったのだけれど
Twitterで展開されていた当該記事に対しての論評は
論点が定まらないままに情緒的な誹謗に流れてしまい
それに加わるような形の記事を上げるのがためらわれて
Twitterでちょろっと触れる程度だけで終わってしまった)

あれから1年ちょっとが経過した。

AIの世界において1年というスパンは
実力の向上に十分すぎる時間のようで
将棋のAIでは1年前のソフトは
最新ソフトにまったく歯が立たない。

爆打はどうかといえば
六段そこそこだった安定段位は
直近1000戦で八段を超えている。

1000戦というのは実力を判断する指標としては
いささか短期に属する範囲だが
直近2000戦に広げても七段を超えているから
やはりこれは実力を向上させていると考えてもいいと思う。

となると今度は

「麻雀のAIはいつ人間を明確に凌駕するのか」

というところに関心が移る。

将棋はその閉鎖性故か、AIが人間を凌駕するかしないかの
いわば興行として一番美味しい部分を逃してしまった感がある。

渡辺明竜王がAI”ボナンザ”と対戦して勝ったところから
今年佐藤天彦名人がAI”Ponanza”に完敗したところまで
途中の過程に見ごたえのあるドラマがもっとあったはずなのだけれど
それを逃してしまったがために(少し遅れてしまったがために)
明らかに凌駕されてから対戦し、
結果的にプロ棋士が恥をかくようなドラマしか生めなかった。

麻雀はそうならないでほしいという意見は多い。
僕自身もそれはとても思う。

がしかし、それは天鳳という一企業のインフラを使わないといけないのか、
という問題も同じくらい重要な問題だろうと思う。

ネット麻雀だろうとリアル麻雀だろうと
自分は人間相手の心理ゲームとしての側面を麻雀に求める、
というプレイヤーにとって、AIはエイリアンそのものだ。

感情も疲労も動揺もなく、
ひたすら同じ精度で打ち続けるAIに
異物としての抵抗感を覚える人がいても
それは全く不思議ではないし、否定されるべきものでもない。

そして、天鳳は営利企業として
そういった人からも課金をしてもらって運営されている。

AIに門戸を開放するということは
そういった層を切り捨てることに等しいわけで
それに見合うだけのメリットが天鳳にあるかどうかは
極めて大きな問題であるはずだ。

それは天鳳の経営の話であって
末端ユーザーには関係ないというものでもない。
人が離れていって卓稼動が落ちた場合
ネット麻雀は「手軽に打てる」という大きな売りを失う。

Twitterで行われていたアンケートでは
25%くらいが反対だという結果だったけれど
実際に門戸が開放された場合
その25%のさらに何割かが離れるリスクは確実に存在する。

そのリスクと、例えばAIによる麻雀の真理の究明のようなメリットは
果たして天鳳にとって釣り合うものなのだろうかとやはり思う。

麻雀というゲームの性質上、対人要素が常にあるわけだから
AIの進化にとって対戦相手のレベルが上がることが必要だ、
というのは僕にも理解できる。

けれど単にAIが進化していくところだけにロマンを感じても
企業としての旨味がなければ実現はさせられまい。

将棋の場合はスポンサーをつけて、
プロ棋士の集合体である公益法人が協力したことで
いささか遅れたにせよ実現したわけだが
麻雀にそれを敷衍するなら
それは競技プロ団体が本来協力して行うべきことではないか。

少なくとも文化的な側面で考えるならそうなると思う。

競技プロ団体の現状を見て、それが無理だと判断し
天鳳にそれを期待するのは分からないではないけれど、
対戦相手のレベルを上げたいだけなら
鳳凰卓と同一条件の個室を作成し、AIはそこに常駐する、
対戦してくれたプレイヤーには成績や打数に応じて謝礼を支払う、
という形でもいいはずだ。

そういった話が全く出てこないまま
ただ強くなったから鳳凰卓で打たせろ、というのは
少し乱暴すぎる意見だろうと思う。

AIの研究開発が意義のあるものなら
そのコストをまかなってくれるスポンサーや公的支援を探す、
というのはアカデミックな世界でも当然のように求められているものだ。

天鳳というインフラを無償でいつでも使えると
AI開発者が思っているとしたらそれは了見違いだろう。
まして全員が課金している鳳凰卓なら尚更だ。

麻雀というゲームを文化として見て
その真理の究明や発展に寄与したいという部分と
天鳳を麻雀というゲームを遊べるインフラとして見て
決して少なくない課金ユーザーの意向を無視できない企業論理の部分。

この二つを比較衡量して
どこかにうまい落としどころを見つけらればいいなと
今のところ、それだけは思っている。


スポンサーサイト

フレンド

福地先生のブログに出ていた
愛知県にあるとある雀荘のマスター(?)の話で
ちょっと思い出したこと。

昔、僕が歌舞伎町で生きていたころ、
僕が通っていた場では僕はとても強い打ち手だった。
ピンの3-6東風ビンタ有り、2着続きでも相当浮けるルールで、
確実に黒だったと思う。
もちろん僕自身も自分を強いと思っていた。

その後歌舞伎町を離れて、僕は渋谷に場を移した。
道玄坂の途中にあるピンの2-4東風。
メンバーは競技プロが大半で、
しかも負ける者はすぐに淘汰されるような環境だった。

そこでは相当負けたと思う。

何しろ辛い場だった。
僕が歌舞伎町で打っていた麻雀は
要するに懐に余裕がある連中の道楽に合わせた麻雀だったと
つくづく思い知らされた。
たぶんそこのメンバーにも養分だと思われていたと思う。

しばらくしてようやく少しアジャストしてそこまで負けなくなったころ、
僕は天鳳と出会った。

最初は絶好調だった。そう、六段までは。

当時の天鳳は東風が圧倒的主流で、東南を打つ人はほとんどいなかった。
ポイント配分が東風と東南で同じだったからまぁ当たり前だ。

そこで僕はそれまでと同じようなトップ取りの麻雀を打ち、
当然のように負けることになった。
六段から五段に降段したりもした。
やはりそこでもトップクラスには養分だと思われていたんだろうと思う。

何故勝てないのか。

僕はひたすら自問自答した。
当時は師匠なんていうシステムはなかったから。
幸いにして天鳳には牌譜を見返すという機能が付いていただけでなく、
「できすぎくん天鳳ver.」という
自分の麻雀のデータ的傾向を数値化してくれる神機能まであった。

これが実に役に立った。

親に対してというか全般的に押しすぎていること。
終盤まで聴牌に固執しすぎなこと。
回し打ちをして結果愚形に刺さる傾向があること。
良形にこだわりすぎなこと。

全部牌譜とできすぎくんにはっきり現れていた。

観戦を通じて自分とトップレベルには
攻守どちらにおいても精度に差があることも悟った。
正直に告白すると、
僕はそのときまで牌の安全度の差さえ正確には把握できていなかった。

不惑を迎え、麻雀歴にして25年を超える打ち手にとって、
それまでの怠惰な自分を否定して
自分の麻雀を作り直す作業は決して楽なものではない。
もちろん楽しくもない。

何とか今に至るまで続けてこれたのは、
自分が立てた仮説をすぐに検証できる、
天鳳という場があったこと以外にはないのだけれど
もうひとつ言えるとすれば、
天鳳を打つことをやめなかったことだろうか。

実際の話、僕よりも強い打ち手はいくらでもいるだろうし、
もちろん今までもいただろう。
でも、天鳳でその強さを
今も信頼の置ける数字として出している人はそれほど多くない。

みんなやめてしまう。

だから、とりあえず壁にぶつかったと思っても、打ち続けて欲しいなと思う。
数字は正直だ。自分が思っている自分とは違う自分をはっきりと示す。

天鳳で10000戦ほど打っている僕の放銃率は
高くもないけれど低いとはとても言えない0.123ほどだ。

これも恥をしのんで告白するけれど
これでもずいぶん下げた方であるにも関わらず、
実は僕は、それまでも自分のことを「守備型」だと思っていたのだから。

ヒール?

最近ちょっとホットだった話題。

IQ180真剣(様)というプレイヤーが
不正をしてアカウント停止になった騒動から
小岩の雀荘にゲストで呼ぶとか呼ばないとか
対決するとかしないとかでも盛り上がった。

(様)になっているのはその前のユーザーネームが(様)なしだったから。

天鳳において、というか
ネット麻雀において不正というのは必ず出てくる問題だ。
競技の大会に向かない理由のひとつでもある。

携帯電話、LINE、Skypeなど
通信手段がいくらでもあるから
コンビ打ちの難易度はリアルより遥かに低い。

彼のアカウント停止の理由は公開されていないけれど
一度目は本人もコンビ打ちの不正を認めている。
二度目は認めていないけど、まぁ黒だろうと思っている。

公式で通報対象になりますよとアナウンスされている
「故意同卓」を頻繁に繰り返し、
なおかつ打牌において不自然なものがかなりあった。

停止の理由を運営が公開しないのは
法廷の場に出た時のことなども考慮してだろう。
課金者へのサービスを全面的に停止するための
単純な通報の数だけではない、十分な証拠があるからだろう。

不正がどの程度まで検証できるかとか
どこからを不正と判断しているか、などは
運営が細かなところまで手の内を明かすべきではないと考える。
明かせば裏をかこうとする人間が必ず出てくるからだ。

真実のところはもちろん僕には分からないけれど
不正行為を繰り返し反省しないプレイヤーに
居場所を与えること自体にはある種の懸念がある。

どこのネット麻雀にも不正はあるだろう。
例えば東風荘でも不正はあった、過剰に意識しすぎだ、という意見もあった。

それはその通りで、
プレイヤーはそれ自体は覚悟しておかなければならない。

しかし、それがあったから東風荘は衰退した側面もあるはずだ。
不正を検証し取り締まる上で
たくさんのユーザーの目がそれに効果があるのは事実だ。

言い換えれば、僕が日々安心して天鳳を打てるのは
不正があった時にそれを検証し排除してくれる人がいるからだ。
ユーザーの自浄作用のようなものだと言ってもいいかもしれない。

その、不正を検知し検証してくれたであろういろんなユーザーが
不正者がある種のヒール的ヒーローになることに徒労感を感じ
その情熱を失ってしまうことをとても心配している。

日本語にはちょうどいい言葉があって
「倦む」という。
うんざりして嫌になってしまうことだ。

人によって、不正の検知や検証に
具体的なアクションを起こせる人と起こせない人はいるだろう。
そこまでは強制は出来ない。

けれど、具体的なアクションを起こせない人が
「ただ乗り」を公言するのは違うんじゃないかなとも思っている。

不正者本人は反省も謝罪もするつもりがないようだから
この先もまた同じようなことが出てくるのかなという気はする。

不正の手口は巧妙化するだろうから
本垢を持ちつつ、面白半分にキャラを作ってやる人間も
もしかしたら出てくるかもしれない。

劇的に増えるとは思わないけれど、
巧妙にやられて検知しきれなくなったら嫌だなとは思う。

1000回打つとして
単純に行けば250回のラスを引くところを
僕らは何とかして230回に、220回に、
あわよくばそれより低くしようと思っているわけだ。

1000回のうち5回でもコンビ打ちによる恩恵でラス逃れが出来れば
絶大な効果だと僕は思う。

それを検知してくれる人々が
今回の件で倦まないことをただただ願っている。

いつも本当にお疲れ様です。

vsプロ連盟

天鳳位と連盟所属のプロの対決が今日から始まる。

瀬戸熊、藤崎、佐々木ら錚々たる面子を連盟も出してきている。
これは大御所や重鎮プロを出すよりも大きな意味があって
それだけ天鳳位を評価しているということに他ならないのではと思っている。

1回目は慣れた天鳳ルールとはいえ、
リアルの舞台という意味ではアウェイだ。

カメラでの放送もあるし
所作などの点で思わぬ動揺を誘われることもあるかもしれない。
普段通りに打とうというのが却って仇になるかもしれない。

緊張はして当たり前なのだ。
人間なんだから普段通りじゃなくて当然。

そこからスタートするくらいのつもりで
ベストパフォーマンスにつなげてほしいなと思っている。

応援しています。
健闘を祈る。

中途半端のろくでなし

福地先生のブログに取り上げられていた局面。
ちょっと補足が必要というか、
自分の思考も整理しておきたいところでもあるので
ここでまとめておこうと思う。

局面図は以下。
東1局、中バックの仕掛けをしていたところに
下家から先制リーチが入ったところだ。

2013040906gm-00e1-0000-2ee31e06tw=2ts=0close.jpg


まず気を付けなければいけないのは
この局面を論じる際に
これが東風の順位戦の局面であるということを念頭に置くことだ。

東南戦ならどう打つかという視点は
ここではあまり意味を持たないと思う。

東南戦の東1局にこういう仕掛けをするかどうかという点で
既に仕掛けの基準に違いがあるわけで、
それを無視してこの局面での押し引き基準や局面評価を論じても
有意義な議論にはならないのではないだろうか。

ともあれ、ここでの局面評価における
(主導権取りに行ったのに先制されちゃったよorz)の次の話だ。

手牌の中で最も安全度の高い牌は5pだろうが
1枚しか無いから凌ぎきれそうもない。
さらに、親が一発目でドラを切っている。

1sは確かに比較的安全そうに見える捨て牌だけれど
一発で切るからにはそれなりの手、どころか
聴牌が入っている可能性もあるだろう。

仮に聴牌が入っているとすれば
追いかけリーチをかけないという点で現物聴牌を疑わないとならない。
無筋の聴牌であれば追いかけるだろうからだ。

だからこの7mツモの時点では5pはほぼ打牌候補からは外れていた。

残る打牌候補は中、赤5m、1m。

聴牌を取るのであれば赤5m。
どうせ安全牌もいくらもないのであれば
押し切ってしまおうという打牌だ。

片筋だから無筋よりはいくらか安全度も高い。
局収支だけを考えるなら有力な一打だと言っていいだろう。

がしかし、これは順位戦なので
単純な局収支だけで決めることには抵抗がある。
赤5mで刺さればだいたいマンガン以上になるだろうし
東風戦でマンガン放銃のビハインドは
最終着順にものすごく大きな影響がある。
打点も1300でリターンも少ない。

片和了のシャンポンで押し切れるとは思えないし
順位期待値という点でも、選択しにくいというのが結論。

次に安全度の高い牌は中だろう。
現物がないなら字牌の対子落としというのはセオリーに近い。

がしかし、中を切ってしまうと、この手はほぼ死ぬ。
最終順位に与える影響はそこまで大きくはないだろうが
局収支でいえばマイナスが確定した状態だ。

一方、1mは中ほどの安全度は無いけれど
1枚多く持っている分、凌げる巡も多い。
3枚落としている間に、5mあたりにくっついてもう1面子作れるかもしれない。
中が刻子になるかもしれない。
中途半端といえば中途半端だろうか。

ここで僕は、中と1mの危険度の比較を1~2%くらいかなと考えていた。
それくらいの差なのであれば、
和了しきることで、その後の失点可能性を減殺してしまう方が
得なのではないかという判断をしたわけだ。

ここまでがその場における僕の思考。
赤5mを切って和了し切ることを考えるには危険度や失点のデメリットが大きすぎる、
中と1mでは1mで刺さることの方が明らかに多いのは分かっているけれど
その差がそんなに大きくないなら押し切ってしまうことを考えちゃおう、
そういう結論を出したということだ。

中が当たりだったとかいうのはたまたまの話。
読みとかそんなものでももちろんない。

2013040906gm-00e1-0000-2ee31e06tw=2ts=0.jpg


その後の福地先生との会話以降の考察の話が以下。

現代麻雀技術論を参照すると、
単騎以外の字牌:3.4%、無筋1・9牌:6.3%とある。差は2.9%。

でも北HAZさんのブログだと字牌1%、無筋1・9牌の危険度は7%弱で差は6%弱にもなる。
これは鳳凰卓の牌譜を解析して出てきた数字なので
一般的な場、ルールにおける数字よりは信頼できるはずだ。

ただしこれを鵜呑みにして6%も差があるじゃないかというのは
僕にはこれもまた抵抗がある。

まずこの1%という数字は1枚切れている字牌も含んでいる。
ということは、生牌の対子を落とした時の危険度は
もう少し高くなるのではないだろうか。

倍増とまではいかなくても、1%以上、2%近くだろう。
(別の方からいただいた15万局の解析をした数字では1.2%とのことだった)

そして両面にほぼ限定でき、6巡目の時点で2mが2枚見えている1mの危険度は
7%よりも結構下がっているように思う。
3%というのはさすがに無理があるようだけれど
4%くらいにはなるのではないだろうか。
(同じ方からいただいた解析数値だと4.3%くらいとのことだった)

ということは中と1mの危険度の差は
おそらく3%くらいということになるはずだ。

僕の考えていた数字よりも1%強多いわけだ。

僕にとっては、この局面における中と1mの安全度の差が3%強だということを
知ることができたというだけで収穫ではあるのだけれど
要するに、僕のアプローチとしては
数%のリスク上昇を負担しても3巡凌いで、
和了することで失点可能性を減殺できる可能性を残した方が得だ、
ということになる。
1~2%ではなかったけれど、3%くらいなら同じ結論を下すと思う。

合っているかどうかはまた別の話だし
局面が進めばまた判断に加える要素が増えてくるわけで
その都度打牌候補は変わってくるだけの話だ。
中が出たとしても鳴かずに安全牌にすることだってあるだろう。

これが実際は6%ということであれば
中を切るべきだったんだなという反省を次に活かすことになる。

大事なのは、この局面評価のアプローチにおいて
少なくとも、数秒間で上に述べたことを検討し決断できるレベルまでは
判断基準を落とし込んでおくことであり
その基準の精度をこうした議論によってより上げていくことだと思う。

文中のリンクにあるような戦術サイトを読んで理解できていたとしても
それを実戦で使うレベルにまで自分の中に落とし込んでおかないと
その場でサイトを参照する時間は無いわけだし
ましてその場で考察する時間などあるはずもないのだ。

そりゃ東京大学物語の村上君なら
こういった考察を0.05秒でできるんだけどさ、
僕にとっては数秒間でさえ短いんだから。



東京大学物語とか挙げる漫画が古すぎじゃありませんかねって人はクリック!

HomeNext ≫

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。