Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給料

まず本題に入る前に前提を述べておく。


このブログはあくまで

「体験した事実と取材した事実、もしくはフィクションや想像が混在したブログ」

である。

どれが事実でどれがフィクションかはお教えできない。
もちろん事実か否かについて公開しないわけだから、
読者の方々がどう想像しようとそれは自由だ。

「まーたこいつネタ書いてやがる」

とか

「いや、これは間違いなく事実だろー」

とかは読み手の判断にお任せする。
釣り師のレッテルを貼られても文句は言わない。

「あのブログは全部ネタだよ」

と巷間に広めていただいても、まあ仕方ないだろう。
これはもう大前提なのでご了承いただきたい。
でなきゃブログで裏社会の話なんか危なくてできないのだ。
まあ利用規約に反しないようには書いていくつもりだけれど。

カジノ業界はもちろん違法な商売だから、
所得の申告なんかほとんどしない。
ごくたまーに何かの事情で申告する人もいるが、
カジノなんて言わないし、所得もごまかしたりすることもあるかもしれない。

だから額面の給料=手取りの給料だ。

源泉徴収自体無いので、
年金やら社会保険やらも(払いたければ)
個人的に払うことになる。

思いっきり地下経済ということだ。

ちなみに日本の地下経済に流れるお金は
21兆円くらいあるらしいが、
その何%かはカジノ業界が占めているわけだ。
それがいくらかは僕の手には余るが。

まずカジノで働こうと思ったら道は大きく分けて二つある。
ディーラーとウェイトレス(女性のみ)だ。
黒服はほとんどの場合、ベテランディーラーの中からなる。
「ディーラー上がりの黒服」というのが大半だ。

昔はディーラーを経験していない黒服も結構いたのだが、
今はほとんど存在しないだろう。

理由は、カジノ業界にも不況の波は来るわけで、
人件費その他の諸経費は極力抑える方向に向かっている。

したがって、黒服をしながら状況によってディーラーもできる、
という使い方の方が効率が良いということになるわけだ。

それからディーラーがお客さんと組んで不正をしたり、
お客さんが単独もしくはグループで不正をすることがあるのだが
(これは日本に限らず世界中のカジノで起きることだ)、
そういった不正を防止するためにも
ディーリングを理解している方が防止しやすいということもある。

別の機会に述べるが、カジノと不正は切っても切り離せないのだ。

その他カジノにはキャッシャーやシキテン(見張り役)がいる。

ディーラーの場合、訓練と経験が必要なので、
最初は時給に換算して1000円くらいだろう。
普通のアルバイトと変わらない。

訓練して一人前になると1800円くらいになる。
訓練も結構大変なのだが、それも別の機会に。

それ以上貰うディーラーもいるが、現在は特殊な例だと思う。
景気が良かった頃は2800円くらい貰っていたこともあるけれど。

お店によっては成績に応じて歩合給が付くところもあるが、
それもやはり非常に少ない。

ウェイトレスは最初は1500円くらいから始まって、
上限はやはり1800円くらいだろう。
最近はあまり聞かないけれど、
お店の偉い人とお付き合いして高い時給を貰う子もいたりする。
もちろん僕はウェイトレスにちょっかい出して
えこひいきするなんてことはしなかったけれど。

どんな組織でもそうだけれど、
身内のイロコイはお店の人間関係がグチャグチャになってしまうので
後から振り返れば馬鹿馬鹿しい。

バブル時代は時給にして4000円くらい出ていたので、
モデルやタレントの卵みたいな可愛い女の子も
たくさんいたけれど。

といってもそのころ上の立場だったら
ちょっかい出すってことではない(笑)。

ディーラー・ウェイトレスとも月に稼げるのは
大体35~45点くらいだ。
あんまり良い給料じゃないじゃないかと
思われる方もいらっしゃるかもしれないが、
学歴もスキルもない(高卒もしくは中退が大半だ)
若者が手取りでそれだけ稼ぐのは難しいはずだ。

黒服になると45~50点くらい稼ぐ。
黒服でも責任者(時間帯ごとに一人ずついる)になると
50~60点の給料で、
お店が儲かれば利益の配当が出ることもある。
これは額はケースバイケースで、
30万くらいになることもあるかもしれない。

その上の店長クラスになると、
これはもうオーナーとの関係で決まるが、
60~100点くらいだろうか。
配当ももちろんある。

純益の5%から10%くらいは貰うんじゃないだろうか。
そなるとン百点の配当になることもある。
簡単に純益と言うが、そこに至るまでが大変なのだけれど。

前回も触れたが、
利益が出ないまま閉店に追い込まれるお店もたくさんあるのだ。

景気が悪いっていうのもあるが、
お客さんが賢くなって負けなくなったっていうのもある。
それを利益を出すように持って行くのが
店長や責任者クラスの手腕なのだ。

などと言うと偉そうだが、
こんな世界にも様々なノウハウがあって、
ゲームの構造やイベント設定、客の気質や傾向を熟知していないと
失敗しやすい。

そんなノウハウを知らずにオーナーとの関係だけで
上に立つ人間も結構多いのだけれど。

お客さんが入っていれば大体うまくいくが、
そこに持っていくまでが腕の見せ所といったところだろうか。

キャッシャーやシキテンは
大体40点くらいだ。

シキテンというのは店の外に立って、
ヤ○ザの入店を断ったり○察の警戒をしたりする仕事だ。
黒服もそうだけれど、人を見る目が大事な仕事だ。

ヤ○ザは大体人相からして違うが、
○察は全然分からない場合も結構ある。

そうすると最初から「一見さんお断り」にして防ぐことになる。

この他お店には「名義人」がいる。
社長の位置づけだが、現場に口を挟むことはまずない。
一応オーナーということになっていて、
実際に資金の一部を供出している場合もあるが、
明らかにお飾りの場合の方が多いと思う。

名義の報酬は完全にケースバイケースで、
オーナーとの関係も不明なことも結構ある。

はっきり言って摘発の際の「オーナーの身代わり」みたいなものだ。

ずらーっと景気の良さげな話を書いてきたが、
お店がうまくいかないと配当なんてもちろん出ない。

それどころか、つぶれてしまうお店だと
最後の給料を払ってもらえないなんてこともままあるのだ。
オーナーが逃げちゃうわけだ。
僕も一度だけ経験あるが(二日分取り損なった)、
つぶれるお店内部の雰囲気はそれはもう寒いものだ。

雇用保険なんて入っているわけがないし、
先取り特権などの労働者の権利主張もできない。
当たり前って言えば当たり前なのかもしれないが、
摘発以外にもこういうリスクもあることになる。
それに見合った給料かどうかはなんとも言えない。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。