Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

何も咲かない寒い日に

当然のことながら、僕も人の子なので
父もいれば母もいる。

母はずいぶん年老いたけれど、
今もなお元気で、趣味の土いじりに精を出している。

庭と玄関先にある、母が丹精こめて育てた花壇は
季節折々、道行く人に声をかけられるくらいに見事な花を咲かせる。
僕自身は母が育てる花の名前さえろくに知らないけれど、
花を育てるのは決して簡単ではないことくらいは分かる。

それは決して、自然に育つものではないのだ。

土を耕し、種をまいて、水をやり、肥料を与える。
やりすぎてもいけないし、放置しすぎてもいけない。
虫が付くこともあれば、異常気象に悩まされることもある。

とある、ブログがあった。

管理人の方はおそらく女性であるようだったけれど
やはり花を育てるのがお好きなようで
ブログのサイドバーに飾られた旬の花を見る度に
僕は母親のことをちょっと思い出したりしていた。

もちろん、彼女のことなど
僕は何一つ知らない。
麻雀もされるようだったけれど、
多分僕とは麻雀に対するスタンスは異なっていたと思う。

だけど、別にそんなことなど僕はどうでも良かった。

世の中にいろいろな花があるように
人の考え方もまたいろいろだ。
自分と異なる考え方をするからといって
それを尊重できないのは僕の中では正しいことではない。
少なくとも、匿名で叩いたり晒したりするのが正しいとは思えない。

体調がすぐれないと言う彼女が
療養の合間に花を育て、画面の牌姿を見つめる、
それが伝わってくるだけでも、僕は更新が楽しみだった。

でも、そうではない人もいた。

夜更けに花壇を踏み荒らすかのように
名乗りもせずにブログを荒らす人々がいて、
彼女は自らを守るべく、ブログを閉鎖してしまった。

僕が原因を知ったのは荒れた後だったし
僕にそれを止められたとも思えないけれど、
(そういう行為に走る人が、他人の制止を聞き入れるとも思えない)
何のフォローも出来なかったことを少し後悔した。

この先彼女は、WEBの世界で誰かと関わろうとするだろうか。
もしかしたら、他人のブログを見たりすることはあるかもしれないし
自分でも何かを綴ったりすることもあるかもしれない。

けれどこの出来事は、彼女の中で間違いなく傷になって残るだろうし
何かの折にそれが疼くこともあるだろう。
この出来事を境に、たぶん彼女の中でWEBの世界は変わるだろう。

物言わぬ花を折り
物言えぬ人を傷つける。
匿名で荒らす輩に、彼女は反論さえできない。

「WEBの世界なんてそんなもんさ」

あるいは、そういう意見もあるかもしれない。
荒らされるのが嫌なら、ブログなどやらなければいいと。

本当に、そうなのだろうか。

卑怯者が物陰から石を投げ、
臆病者は暗闇に紛れて花を折る。

なんだか、酷く暗い気持ちになった。

スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード