Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOMBAY SAPPHIRE

僕は今は酒をほとんど飲まないのだけれど
下戸というわけではない。
学生時代はなんだかんだとちょくちょく
(といっても、金は大して無かったから安酒ばかりだったけど)飲んでいた。

大学1年の頃、仲間内でビリヤードが流行っていた。

だいたいは学校の近くのビリヤード場で遊んでいたのだけれど
ある日、サークルのOBがふらりと学校にやってきて
僕らをプールバーに連れていってくれた。

華やかなネオンと、スポットライトが照らすビリヤード台。
カウンターには実に多くの酒が並び
着飾った人々に蝶ネクタイをしたバーテンがカクテルを出して
僕らは少し雰囲気に気おされながら玉を撞き始めた。

高校時分から雀荘に行きだした僕にとっては
むしろそういう若者が集まるような場所の方が行き慣れないところだった。
場外馬券売り場や競輪場にいるようなタイプの方が
僕には見慣れた大人の姿だったのだ。

その時、そのOBが飲んでいた酒のボトルが
透き通るようなとても綺麗な水色で
2杯目に何を飲むか尋ねられた僕は、
迷うことなく同じものを頼んだ。

「ボンベイサファイアですね。同じロックでよろしいですか?
何かで割りますか?」

そう尋ねられたけれど、
曖昧な笑顔を浮かべながらロックでと答えるしかなかった。
名前はおろか飲み方も知らなかったから、
何で割ればいいかなんてことも知らなかったのだ。

そして出てきた酒は、
強い割には味も匂いも甘ったるくて
こんな酒だったんだと何だか不思議な気持ちで、
真ん丸い氷が入れられたグラスをカラカラと回しながら
僕は舐めるようにその酒を飲んだ。

それから何度か
プールバーに行く機会はあったけれど
もうその酒は飲むことも無くなって
もっと安い酒を選ぶようになった。

当時の僕にとっては、
何処で飲もうと酔えれば良かったのだ。

そして時は流れて。

先日、スーパーで買い物をしていた僕は
ふと洋酒売り場に通りかかり
綺麗な水色のボトルを見つけた。

「あ、これ・・」

不意に僕の脳裏に
学生時代の記憶が蘇ってきて
僕は何となく、その酒を買って帰ってきた。

もちろん、もうあの頃のように
べろべろになるまで飲んだりすることはない。
何かの折に、ちびちびと飲むだけだろう。

IMG_0293_org.jpg

深夜に、終電の終わった都電の線路伝いに
学校の近くの友人のアパートまで、池袋から歩いたりもしない。
他愛もないことで朝まで延々と話し込んだりもしない。
ビリヤードももうずっとやってない。

いろんな人と出会って、別れ
いろんなことを始めて、やめた。

学生の頃から続けているのは
麻雀だけになってしまった。
不思議と、このゲームだけは飽きない。

人生にそういうものが、
一つでもあることに
僕は、感謝しないといけないのかもしれないんだけどね。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。