Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 Jリーグdiv.2 第十一節 ヴァンフォーレ甲府vs柏レイソル

前節も書いたけれど、J2においては
柏は経営規模も大きく選手層も厚い。

昇格しなくてはおかしい、と言えるだけの選手が揃っているし
監督も評価の高いネルシーニョだ。

だから、J1での経験が無いクラブは
その柏相手にどれだけやれるか、という観点で戦ってくることも多い。
言ってみればチャレンジャーだ。

でも、今回の相手の甲府は違う。
J1での経験もあるし、本気で今年の昇格を狙っているクラブだ。
ひょっとしたら「昇格した先」のことも見据えているかもしれない。
それくらいの選手がいるチームだと言っていい。

しかも甲府のホームだから
消極的な戦いはしてこないし
貪欲に勝利を狙ってくるだろう。

その相手に、どう戦いどう勝つか。

今回はそれが大きなテーマだと思いながら
早朝に起きて甲府へと向かう。

家を出る時から天候は快晴。
気温が高くなる気配が濃かったけれど
果たして昼前に甲府に到着した時には
真夏日、と言っていい気温になっていた。

これは完全に消耗戦になるなと思いながら
木陰で開門を待つ。

スタジアムは正直に言って、見やすいとは言えなかった。

陸上トラックがある上に、スタンドの傾斜も緩い。
以下はゴール裏とスタンド端の最上部からの画像だけど
相当遠く感じるし、向こうサイドはほとんど視認できないと思う。

IMG_0513_org.jpg

IMG_0516_org.jpg

甲府駅からシャトルバスで30分近くかかるから
アクセスも決していいとは言えない。

それでも、驚いたことに動員は15600人。
柏のサポーターが1500人くらいだったらしいから
甲府のサポーターだけで14000人動員していることになる。

甲府の人口は20万くらいだ。実に柏の半分。
それでこのスタジアムのこの立地でこれだけ集めるのだ。
その企業努力はやはり素晴らしいと思うし
柏はもっと頑張らないといけない。

肝心の試合だけれど
やはり予想通りの消耗戦になった。

前半、甲府の激しいプレスに苦しみ
相手の見事なシュートで先制を許す。

後半勝負、という作戦だったかもしれないけれど
菅野のファインセーブと、相手のシュートミスが無ければ
3点獲られていてもおかしくなかったと思う。

その最大の原因は橋本と蔵川のSBだろう。

特に橋本。

前半を抑えて後半勝負、という指示を
前半は手を抜く、と勘違いしてたんじゃないかと思うくらい
精彩を欠いていた。

自陣深くで簡単にボールを奪われたりパスミスをしたり
あるいは軽い守備であっさり抜かれたり。

こちら側のサイドだったせいもあって
ゴール裏から明らかに不満の声が聞こえてくる。
実際僕も、かなりフラストレーションが溜まるプレーだった。
(審判のジャッジもそれに拍車をかけていたけど)

それでもセットプレーから同点に追いついたのは大きかった。
レアンドロからの精度の高いボールは
明らかに大きな武器になりつつある。

それ以外にもポストを叩くシュートもあったし
決して押されっぱなしではなかったところは
非常に大きく評価できると思う。

そして後半。

目論見どおりなんだろうけれど
連戦の続いている甲府の足が止まり
柏の攻勢が続く。

勝ち越すチャンスはあったと思うんだけど
肝心のシュートが相変わらず決まらない。
もちろん、甲府のDFがよく体を張っていたのもあるんだろうけれど
工藤も田中も、決めて欲しいシーンが一つずつはあったと思う。

結果は1-1の痛み分けだったけれど
どちらのチームも、痛し痒しと言ったところか。
勝つチャンスはお互いにあったし、負ける可能性もお互いにあった。

良かったな、と思ったのは
大谷、栗澤のボランチコンビと
途中から出場した酒井。

SBの出来が良くなかっただけに
酒井はチャンスもらえそうなんじゃないだろうか。
体も大きいし、ブラジル留学の効果なのか
非常に積極的にプレーしていたから
これは期待できるんじゃないかと思う。

チャンスをもらったら、がむしゃらにやって
きっちりそれをものにしてほしい。
どんなスポーツでも、どんなチームでも
若手がブレイクするのは、少ないチャンスを物にできた時だ。

今回も負けずに済んだけれど
決して独走でもないし、まだまだシーズンはこれからだ。

次は岐阜戦。

ここは正直引いてくるだろうけれど
引き分けじゃいけない相手だから
当然勝ち点3をもぎ取ってきて欲しい。
現地にはいけないので、テレビで我慢。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。