Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収支戦について思うこと

天鳳の雀荘モードについて、少し触れておこうと思う。
細かいルール設定についてはまだ変更の余地はあるのかもしれないけれど
段位戦とは別の収支戦が実装されることは
ほぼ間違いないだろう。

このきーさんは雀荘モードについてこう書いていた。

とにかく天鳳で一番になった人が麻雀界で一番と言われるようになって欲しい。

僕もそうなって欲しいと思う。
どうせそういうのを作るなら、
天鳳プレイヤーが麻雀界を席巻して欲しいと本当に思う。

僕はリアルの麻雀をずっと打ってきた。
収支を付けてはいないけれど、弱い部類ではない。
歌舞伎町のちょっと高めのレートで随分稼いだから、
生涯収支で言えば、勝ち組だと思う。

その自信を持って始めた天鳳で
そのままでは通用しないことを知った。

適応、というべき作業が僕には必要だった。

そしてその適応する過程の中で
僕は今までの自分に随分欠点があることを知った。

その欠点に気付き、修正していくことで
僕は天鳳の成績も飛躍的に向上させたのだけれど
それはそのままリアルの打ち方にも反映された。
実を言えば、リアルでさらに勝てるようになった。

時々、リアル系の打ち手の中に
こんなことを言う人がいる。

「天鳳を打ち込むとリアルが弱くなる」

嘘、ではないだろうけれど
少なくとも正確ではない。

天鳳の評価基準とリアルの評価基準は随分異なる。
だから、全く同じ打ち方で通用する人は少ない。
それは事実だ。

でもそれは対応すれば良いだけだ。
麻雀である程度の力量のある打ち手であれば
その対応の成否は、意志の問題だと言って良いと思う。

要するに、そういう言葉を発する打ち手は
いろんなことが面倒なのだ。

対応することそのものが面倒だというのもあるし
それを他人に説明するのが面倒だというのもあるだろう。
言語化するのはかなり難しい部分も多いはずだから
つい、簡単に済ませようとして、

「天鳳打ってるとリアルが弱くなるから」

とかなり省略された説明で終わらせてしまうわけだ。
おそらく、より正確に説明するならば

「天鳳を打つフォームとリアルを打つフォームの微調整は大変だし
調整に失敗すると負けこんでしまう」

こんな感じになるだろうと思う。
特にリーチ判断、押し引き判断については
きちんと意識付けて調整しないと失敗すると僕自身も思う。

天鳳を打つ人の中には
雀荘に行ったことのない人もいるだろう。
その人達の中には、あるいはその人達だけでなく、
天鳳で鍛えていつか雀荘で勝ちたい、という人は少なくないだろう。

放送をしていて、よくこんなコメントを貰う。

「鳳凰民になれば雀荘でも勝ち組になれますか?」

率直に言うと、分からない。
通用する部分もあればしない部分もあるはずだから。

でも、自信を持って欲しい。
天鳳で、麻雀は必ず強くなれる。
それもリアルとは比較にならないスピードで。

その環境もあるし、母体になるプレーヤーも多い。
同じ場面を正確に再現できる上に共有も出来るから
反省点をフィードバックすることも容易だ。
切磋琢磨していける環境としてはリアルの研究会など比較にもならない。

牌捌きだとか、リアル独特の決め事なんか気にすることもない。
間違えたってどうってこともないし、だいたいすぐに慣れる。

少なくとも、僕は天鳳を打って強くなった。
これは確かだ。

昨年、最強位戦の本選に出場した時に
取材のようなものを受けて、抱負を聞かれた。

僕は、こう答えた。

「僕はネット麻雀で強くなったんで
ネット麻雀否定派には負けたくないですね」

残念ながら、それはもう少しのところでかなわなかったけれど。

天鳳出身の打ち手が麻雀界を席巻した時に
そういえるような収支戦になればいいと心から思う。

僕自身がどちらを打つか自体はまだ決めていないけれど。
収支戦打ちたければ雀荘に行けば良いかなって思わないでもないしね。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。