Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

1000点の価値

誰も30000点を越えずにサドンデス状態の続く西3局。
南家(つまりラス親だ)の僕にテンパイが入る。

2010091423gm-00a9-0000-0c7a44b1tw=3ts=12.jpg

直前に対面が3pをポンして赤5pを切ってきている。
ドラと赤の切れ方からして
トイトイ以外に打点が高くなる要素は無いから2枚持ちの4mは押すとして
リーチをかけるか、かけないか。

僕の選択は、ダマ。

確かにリーチをかければ裏か一発で3900だ。
まさかチャンカンまでは無いとしても
この牌姿で裏か一発を期待するのは間違っていないだろう。

がしかし。

赤を2枚切ってきている対面はまずテンパイだろう。
リーチに降りるかどうかは自分では決められないことだから
完全にめくり合うことを覚悟することになる。
リーチ棒を出してめくり合いに負けたとして
2000点あればその時点でラス落ちだ。

打点が1000点だとしてもリーチしていれば支出は2000点だから
持ち点は24400点で西4局の親を迎える。
ラス目の上家とは僅かに500点差だ。

誰かが500-1000をツモった時点で席順でラス落ちする。
リーチ棒を出してもラス落ちする。

待ちはまだ6枚残っているとは言え
首尾よく和了できたとしても
裏が乗らなければ2000点。ツモでも2700点の収入にしかならない。
結局西4局の親での勝負になる。

一方このままダマで押して
1000点を拾ったとする。
6pはともかく、9pは相当拾いやすいだろう。

2着目の下家から出れば
西4局の親を2着と2200点差で迎えられる。
3,4着目から出ればどちらから出てもラス目と4000点以上の差だ。

マンガンであればどこがツモっても2着残りだ。
ハネマンをどこがツモっても最悪3着だ。

4着目に4100点差をつけられれば
一人ノーテンでもラスにはならない。

仮にダマのままツモったとしても全然構わない。
さらに条件は良くなるからだ。

ピンフツモは親に対して2200、子に対しては1900点の差がつく。
この状況なら2着目と2100点、3着目と4700、4着目と4800の差だ。

一人ノーテンでも2着残りになる上に
倍満の親被りがあってもラス落ちはない。

この2100点という点差には
とても大きな意味があることはすぐに分かるだろう。

(点差の計算表を覚えて役に立つのってこんなケースくらいだ。
鳳南ならまだしも、速で打っている鳳東で
表を見ている時間的余裕は無いわけだし)

以上を総合的に判断すると、僕は、この状況下では
リーチ棒を出すリスクにリターンが見合っていないと考える。
1000点をどこかから和了するメリットは非常に大きいけれど
1000点を出すメリットはリスクに見合っていないということだ。
(当然点数状況やルールが変われば判断も変わるわけだ)

何かで見た言葉がある。

「麻雀は、オーラスでどれだけ有利な条件を他家に突きつけられるかだ」

僕はベースを東風で築いてきた打ち手だから
オーラスで条件をより有利にするためにラス前を戦うことの重要性は
本当に痛いほど知っている。

これは東南戦の牌譜だけれど
東風においてはこういう条件は日常茶飯事だからだ。

三面張だ、それリーチだ、ツモった、裏乗った、
そういう展開になれば楽で良い。
でも現実はそううまくは行かないことも山ほどある。

麻雀はとどのつまりは運ゲーだけれど
ここでポイントを確保するために、落とさないために
最良の選択だと自分が考える戦略をきちんと選択して実行できるかは
運不運とは関係の無いことだ。

豆ダマだの日和見だのと言われてもいい。

結果はともかく、
瞬間的に和了後の点差を計算し、迷わずダマを選択することこそ
鳳東で勝ち残るために僕が作ってきたフォームだから。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード