Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール設定

もう一つ大会の話。

この週末、スレ対抗戦以外にニコ生の大会にも参加したのだけれど
この大会が非常にオリジナリティ溢れるもので
天鳳の大会ルールの設定機能をフルに活用したものだった。

僕が参加したのは

・クイタン無し、赤無し
・リーチ棒が9900点
・ノーテン罰符が9000点の支払い

という卓だった。

リーチを2回かけてあがれないと
次はもうリーチもかけられないし
3回ノーテンだと飛んでしまう。

もちろんこんなルールで打ったことなど今まで一度も無いし
事前に聞いていたにも関わらず、クイタンの仕掛けまでする有様だった。
(言い訳をすると、僕は20年以上クイタンありのルールでしか打ってないのだ。
いきなり無しと言われても夢中になると忘れてしまう)

打っていてすごく頭を使ったけれど
これはこれで正直面白かった。

2軒リーチ+供託リーチ棒1本の状況を
ノミ手の役牌バックで上がった時は
アドレナリンだかエンドルフィンだかがどばーっと出た。

だって役満にほぼ匹敵するあがりなんだから。

麻雀のルールは、かつてのアルシーアルからリーチやドラ、
あるいは赤が導入される事で激しく変化してきた。
その辺の変化は僕などよりも詳しく書いてあるサイトがあるので割愛するけれど
その過程においては、あれこれと試行錯誤があっただろうし
もしかしたら、リーチ棒の価値についてもいろいろあったのかもしれない。

実際巷のフリー雀荘でも、オープンリーチを認めている店の中には
オープンリーチは2000点必要な店だってある。

セットなどで打つ時に、あまり特殊ルールにしてしまうと
不徹底とか矛盾の発生でかえって興を削がれることがあるけれど
こういったユーザー独自の試みで大会をできるというのは
ネットならではだと思うし、とてもいいことだと思う。

何でもそうだけれど
まず自分たちであれこれ楽しんでみようっていう姿勢って
ものすごく大事だよね。

僕みたいに生活がどんどんルーティン化している人間にとって
改めてそういうことを感じさせてくれる大会だった。

運営のみなさん、参加者のみなさん、お疲れ様でした。
放送に来てくれた人もありがとうございました。

≪ BackHomeNext ≫

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。