Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 Jリーグプレシーズンマッチ・ちばぎんカップ 柏レイソルvsジェフユナイテッド千葉

待ちに待ったJ1の舞台がすぐそこに迫ってきた。

どこまでやれるのか、という期待感と
もう落ちたくないという不安感が入り混じって
今の時期は気分もめまぐるしく変わる。

キャンプが順調かどうかを気にして
トレーニングマッチの結果を気にして
メディアに出てくる戦力評価や成績予想を気にする。

評論家の予想など
プロ野球でもサッカーでもあてにならないのは分かっているのだけど
それでも良い評価に安堵し、悪い評価に危機感を持つ、
それがサポーター心理というものでもある。

そしていよいよプレシーズンマッチの時期が来た。
今年で17回目だという「ちばぎんカップ」。
Jリーグでも最古のプレシーズンマッチであり
柏と千葉のサポーターの間では冗談交じりに「世界三大カップ」などと呼ばれる。

もちろん単なるオープン戦でしかないのだけれど
今年初めての公式試合だし千葉ダービーなのだから
負けたくない気持ちはある。

勝敗は二の次、内容が大事、などと言いつつも
勝たないと面白くない。

今年はスマートフォンを入手したので
それを使って配信の実験をしようと思いながら出かけた。
天候もぐずついた上に、場所も日立台ではなく柏の葉ということで
どれくらいの入場者がいるかと案じていたけれど
一万人近い入場者と言うことだったから、
やはりみんな楽しみにしていたのだろう。

IMG_1222_org.jpg

とはいえ、試合の方は凡戦と言うべきか。

コンディションが上がりきっていない選手が多そうだったし
意思の疎通もまだまだだったように思う。

特にFWとトップ下の連携、あるいはSBとの絡み方などの面では
課題が残ったように思うし、
相手の長身FWの対応に苦労した挙句、PKを与えてしまい
結局これが決勝点になってしまった。

2mオーバーの選手相手に

IMG_1233_org.jpg

まともにヘディングで競り合っても勝てないのだから
ルーズボールへの寄せが問題になるのは自明なのだが
ボランチの2人がどうも動きが重かったようで
再三ピンチを招いていた。

ちなみにこの2mオーバーの選手の横にいるのは
184,5cmある村上と林だ。
僕とだいたい同じくらいの身長だから、想像するだけでその大きさが分かる。

もちろん収穫もある。

新加入の増嶋は村上とレギュラー争いをするだろうし
ワグネルのフリーキックは間違いなく脅威になる。

IMG_1232_org.jpg

途中から出てきた大津の動きが良かっただけに
ボランチやSBで使えるなら攻撃のオプションにもなるだろう。

レアンドロは前を向いてボールを持てれば
今年も相当やってくれそうに思うし
ホジェルももっとできるはずだと思う。

林とのコンビは今ひとつだったけれど。

故障中の兵働、澤、水野が復帰したら
前線に関してはかなり期待していいだろうと思った。

とはいえ内容自体はそれほど良くは無かったわけで
これでいいのか、間に合うのかという声も聞こえてくるけれど
指揮官がネルシーニョなのだ、心配することもないと
個人的には思っている。

百戦錬磨の指揮官がいるというのは
これほどまでに心強いのかと改めて感じる。
これが新人監督だったりしたら
僕も不安になるんじゃないかと思うから。

いつもは開幕までもうプレシーズンマッチは無いのだけれど
今年はもう一つ、水戸との試合がある。
毎週末に試合があるというのはやはり楽しみなものだし
ひょっとしたら偕楽園の梅も見られるかもしれないので
是非行こうと思う。

スマートフォンからの配信もできればまたしてみよう。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。