Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野分のまたの日(オータムチャレンジカップ感想)

台風の影響で予定が狂い時間が空く。
天鳳を打つか、どこかに出かけるかと迷ううちに
ツイッターで競技麻雀の決勝戦が行われることを知る。

日本プロ麻雀協会主催のオータムチャレンジカップ。
今年で第8回ということだけれど
今までにも何度か観戦に行ったことがある。

競技プロの世界に憧れがあるわけでもないし
特に競技ルールが好きなわけでもないのだけれど
競技麻雀のタイトル戦の会場に漂う緊張感や対局者の気迫に触れると
僕のような凡庸なプレイヤーでもどこかしら刺激を受ける。

(台風来てるけど終わるころには北に抜けてるだろ)

そんな楽観的なことを思いながら会場に向かう。

今回の決勝戦に出てきているのは

鈴木たろう
金太賢
仲林圭
菊地俊介

の4名。

ビッグネームの一人である鈴木はともかく
天鳳で鎬を削った菊地がこの場にいる。
当然心情的には菊地に肩入れするところはある。

1回戦で3着だった菊地は2、3回戦を連勝し
残り2回の時点で一人浮きの一位につける。

もちろん、ここからが大変なのは
素人目に見ても明らかだろう。
事実、菊地以外の全員が菊地ただ一人を狙っているのが
対局が進むにつれてはっきりしてくる。

それでも、対局者が実際に何を感じ、何を考えて打っているのかは
対局者本人にしか分かることはない。

例えば。

16000点ほどしかない3着目の金は
南2局、カン2pのイーペーコードラ2をダマにした。

そして次巡、親の菊地からリーチが入ってすぐにドラの1pをアンコにして
変則三面張ではなくシャンポンのツモり三暗刻に受ける。

二萬二萬二萬七萬八萬九萬一筒一筒二筒三筒三筒九筒九筒 ツモ一筒 ドラ一筒

場には4pが2枚9pが表示牌に1枚。
一発も裏ドラもないルールでそう受けたのはなぜか。
そもそもなぜイーペーコードラ2のカン2pをダマにしていたのか。

別の局、トップ目の金と12000ほど離れ菊地と並んでいた鈴木は親番で
リーチをかけてきた金から残り3巡の時点で出た6sを平然と見逃す。

四索五索五索六索七索北北東東東 ポン發發横發

12000を金から上がって自分がとりあえずトップ目に立つ方が良かったのではないか。

そんなことを思ったりもする。
僕ならそうしていたかもしれない。

実を言うと、下家に座る菊地はハイテイで安全牌が枯れ、
危うく(かどうかは知らないが)6sに手がかかりかけたのだけれど。

最終戦、12万点余りの差を猛追した仲林は
1000-2000のツモ和了は拒否したけれど
その後の局の2000-3900は和了を宣言した。

判断基準はどこにあったのか。

観戦している者の技量がどんなレベルであれ
対局者心理を正確に推し量ることは難しいし
最善手が何だったのかを結果論抜きにして語るのはもっと難しい。

もちろんそれは対局者本人が、己の言葉で語れればそれが一番いい。
外野の結果論や憶測に甘んじて腐っているくらいなら
プロを名乗るのであれば自分の言葉で好きなだけ語ればいい。

現実的にそれには限界があることは重々承知なのだけれど
だからこそ思う。

解説をする者は、ただの結果論ではなく
可能な限り対局者の心理を汲み取ってやるべきだ。

観戦記を書く者は、どうでもいいネタに走るのではなく
可能な限り対局者の思考を掬い上げてやるべきだ。

「プロは全ての打牌に説明がつけられるように打つべきだ」

そう主張していたのは故安藤満だっただろうか。
実際には対局者の思いは表には出ないまま
自動卓の中に吸い込まれ、あるいは空の向こうに消えていく。
どれほど言葉を尽くしても、そこには自ずから限界がある。

だからまぁ、結局のところは
戦い終わった対局者が
翌日、台風一過の空の如く
晴れ渡った心境でいてくれればそれでいいのかもしれないね。




ひょっとしてそれって某最○戦の解説ディスってんの?って人はクリック!


スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。