Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 Jリーグdiv.2 第十九節 柏レイソルvsジェフユナイテッド千葉

ダービーマッチ、クラシコ、伝統の一戦、
いろいろと呼び方はあるけれど
正直言って、千葉とダービーマッチと言われても
それほどまでには燃える要素は無い。

単にホームタウンが近いだけだ。

因縁とか燃える要因の有無なら鹿島の方がよっぽど強い。
全くもって相手になっていないのがアレだけれど。

とは言え、やはり同じ千葉でチームカラーも黄色だから
負けたくない気持ちは少し強いかもしれない。
こういった気持ちが少しずつ積み重なって
伝統とか因縁とかそういうものを作っていくんだろうと思う。

それにはやはり優勝争いとかそういうのが無いといけないし
J2でダービーなんて言っていてもしょうがないように思う。

今期初めてチケットも売り切れて
試合前にはほぼ席が埋まっていた。
やはりJ2では上位の2チームだから
それなりに注目もされているのだろうか。

IMG_0762_org.jpg

いずれにしても、3位のチームを直接叩けば
それはすなわち自分の昇格圏が安泰という事になるわけだから
無敗記録の更新云々とは別に、負けていい相手ではない。
来期、J1で当たる可能性もある相手に
いい内容で勝つことが大事だ。

ところが。

試合が始まってわずか2分で
守りの要の菅野が一発レッドで退場になる。
この日の主審はイングランドから来た人らしいけど
菅野と相手FWが交錯したのをあまりに大きく判断したように思う。

相手のFWは、わずかに手が当たっていただけで
むしろダイブに近いプレーだし
他にも近藤への肘打ち、シュートの跳ね返りへの故意のハンドなど
体の割りに小ずるいプレーの目立つFWだった。
プレミアでああいうプレーをする選手はあまり評価されないはずだ。

とは言え、このプレーを招いた近藤の判断ミスは反省材料だろう。
近藤を見ていると、フィードやボール捌きはいいけれど
浮き球の判断ミスが割と多いイメージがある。
パクがサスペンドで不在で、経験の浅い酒井が相棒なのだから
いつもよりもしっかりやってほしかった。

殆ど丸々90分を数的不利で、
しかもPKで1点獲られた状態で戦うことになったわけだから
無敗記録もここまでかなと正直思っていた部分もある。

それを相手のオウンゴールとは言え同点に追いついて
後半ロスタイムまで勝ち越していたわけだから
これは選手の頑張りを称えないわけには行かない。

どの選手も本当に良くやっていたと思う。

急遽出た桐畑は、菅野の穴を良く埋めてくれた。

IMG_0767_org.jpg

セカンドキーパー、というのは本当に難しいポジションで
こういった正GKが退場や故障で出られない時は
少なくとも穴になってはいけない水準で守らなければならないし
レギュラークラスと同等に近い水準でありながら
試合には出られない葛藤を常に自分の中で消化していないといけない。

まして、今回桐畑はプロデビュー戦だった。
それを考えれば本当に良くやったと言っていいだろう。

CBで初出場になった酒井も能力の高さを感じさせてくれた。
SBの小林も奮迅の働きだったし
橋本も運動量と高さでチームに貢献していた。

ボランチの栗澤と大谷は出色の出来。
運動量、パス回し、攻守の切り替えと
数的不利を全く感じさせなかった。

レアンドロの体の使い方やトラップの巧みさで
タメを作れたのも大きいだろう。

工藤は攻撃では見せ場が少なかったけれど
前線から激しくボールを追いかけることで
相手のアンカーからのフィードを許さなかった。

驚いたのは田中。
フリーキッカーとしての精度の高さは素晴らしかった。
左のキッカーがいれば、レアンドロのFKもより威力を増すはずだ。

失点のシーンは
セットプレーからのものだけれど
ずっとファーを狙われていたのだから
何とか対応して欲しかったようにも思う。

一人少ないわけだから
どこかが余ってしまうのはしょうがないのだろうけど。

それでも、この試合を引き分けることが出来たのは
勝ち点以上に大きいと思う。

IMG_0765_org.jpg

ネルシーニョの修正の指示にきちんと応えられるだけの
ゲーム運びや成熟度をチームが身につけていることが何よりの収穫だろう。

この試合で、前半戦を折り返して無敗というのは
すぐ下に甲府がくっついてきているにしても素晴らしい出来だ。
この調子で、一気に走って決めて欲しい。

8月は四国のアウェイが2つあって
どっちも日曜のナイトゲームという日程。
残念だけどちょっと行けそうに無い。

何この日程とか思わないでもないけれど
今更言っても仕方がないので
テレビ観戦で我慢。

最後に。

引退の吉原、退団の決まったフランサ。
今までありがとう。
別の道で頑張れ。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。