Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグdiv.2 第二十四節 柏レイソルvsカターレ富山

クラブの歴史、というものは
クラブに関わる人が築いていくものだ。

選手はもちろんのこと
フロント、スタッフ、サポーターが
それを作り上げていくものだと思う。

柏レイソルというクラブの歴史にとって
J2降格のページが存在することは
見栄えの良いものではないかもしれないけれど
クラブが成長するための礎だと考えれば
決してマイナス要因だけではないと思う。

というより、決して単なる汚点にしてはいけない。

今、柏のトップチームに
カンテラ(ユース)出身の選手が数多くいることは
育てた上で強くなるんだという柏の方向性を示しているはずだし
バルセロナのようになるんだという意思がそこにはあるんだと思う。

平坦な道ではないかもしれないけれど
カンテラ出身の選手と補強で獲ってきた選手が相乗効果を生み出し
やがて柏レイソルの黄金時代を築いてくれることを
サポーターの一人として強く願う。

今年はその一歩目だと思って
J2の日々を送っているのだ。

そのクラブの歴史において
Jリーグにおける柏の黎明期を支えてきた選手たちが
この日、前座試合に出てきてくれた。
引退後、柏の育成部門でコーチなどを務めている元選手たちだ。

IMG_0879_org.jpg

IMG_0878_org.jpg


もちろん現役当時と比べれば衰えているだろう。
キックの精度はともかくとして
運動量の衰えは隠すべくもない。

「やっぱり皆走れなくなるから引退するんだよ」

そんな会話をついしてしまう。
でも、彼らの試合を見られて本当に良かったと思う。
柏の歴史の1ページを彩る選手が
新たに歴史を作る選手を育てているという事実は
何より素晴らしいことだと本当に思う。

とは言え、肝心のトップチームが不甲斐なかったら
育成など何の意味もない。
トップが強くて初めて育成が意味を成すのだ。

そのトップチーム。
この日の相手は5月の試合で苦戦した富山。

IMG_0874_org.jpg

IMG_0882_org.jpg

試合の入り方といい、試合中のペースといい
実に似たような展開になってしまった。

オウンゴールではないにしても
不用意なゴールキックを奪われて先制を許す。
相手選手が再三そこを狙ってきていたことを考えると
菅野には反省してもらいたいと思う。

サイドを支配されて何度も突破を許し
決定的なシーンを作られる。
橋本も酒井ももっと出来るはずだと思うだけに歯がゆい。

ポストの内側を叩いたシュートを決められていれば
もっと苦しんだはずだ。

それでも前半のうちに追いつけたのは大きいし
ネルシーニョの修正力からすれば
後半に期待は持てた。

どこを修正してくるか、という点に注目していた。
支配されていたサイドなのか
ボールの収まらないトップか。

ネルシーニョの選択はトップ。
工藤に代えて北嶋。

ベンチからも漏れる日々に
悔しい思いをずっとしていたであろうベテランに賭けたわけだ。

恐ろしいことにそれがズバリ当たる。

この日の北嶋は本当に良かった。
ポストをこなすだけでなく
裏に抜ける動きも秀逸だったし
何よりスピリットの点において素晴らしかった。

削られて転がる酒井を、痛んでいる場合じゃないんだと抱え起こしたシーンは
チーム全体に、いや、スタジアム全体に活を入れたはずだ。

決勝点を決めたホジェルも途中交代。
相手に引っ張られて体勢を崩しながら
良く決めたと思う。
体の強さというのはやはり非常に大きな武器だ。

特筆すべきだったのは
大谷と栗澤のボランチもだろう。
この2人の貢献度も地味だけどかなり高い。

橋本も攻撃に関しては本当に素晴らしいし
酒井も大きな可能性を持った選手だと思う。

1ゴール1アシストの近藤ももちろん良かった。

IMG_0883.jpg

IMG_0886_org.jpg


3位にいた千葉が負けたため
昇格はかなり現実味を帯びてきた。

次節はその千葉とのアウェイ。
おそらく千葉は必勝を期して
激しく戦ってくるだろう。

力のあるチームだし
ホームでは相当強い。
楽な戦いになるはずはない。

けれど、こういう試合で勝ち点を取ることが
何より大きいのだ。

この先も、柏にとって
大きな一番と呼ぶべき試合は数多くあるだろう。

優勝争いなのか残留争いなのかは別として
こういう試合を勝ち切らないと
鹿島のようなクラブにはなれないと思う。

負けたところで大きなダメージはないかもしれないが
必勝を期してほしい。

昇格が決まるまでは、負けていい試合など一つも無いのだから。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。