Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグdiv.2 第二十三節・ジェフユナイテッド千葉vs柏レイソル

昇格を、あるいは優勝や残留を争う上で
落としてはいけない一戦というものがある。

その例を挙げる上で最初に来るのは
おそらく「その目標に向けて競っている相手との直接対決」だろう。

もちろんどこで勝っても一勝は一勝だし
どこで負けても一敗は一敗だ。
得られる勝ち点に違いは無い。

がしかし、戦っているのが人間である以上
競り合う相手に勝てば意気は上がるし負ければ落ちる。
雰囲気だとかムードといった
言葉に出来ないようなもので人間の行動は変わってくる。

昨年柏レイソルが降格の憂き目を見たのは
序盤に勝ち点を積み重ねることが出来なかったからと言うよりは
秋にあった残留争いの直接対決でことごとく勝ち点を落としたからだ。

山形、神戸、大宮・・・
ればたらを言っても仕方がないが
そのうちのどこか1試合でも勝つことが出来ていればと
正直思わないでもなかった。

そして今年、1年でのJ1復帰という至上命題を掲げて
J2では破格の予算を組みチームを作ってきたわけだ。
上がるだけではダメ、上がってからが勝負、
そういう言葉も関係者から何度となく発せられているけれど
まずは昇格を一日も早く決めたいのは事実だ。

そのために必要なのは、4位との勝ち点差を出来るだけ広げることだ。

今回の千葉ダービーは、その4位に位置するチームが相手だった。

曲がりなりにもダービーと呼ぶからには
決して負けてはいけない相手だという意味を持つけれど
単純に昇格を考えた場合においても
この試合が非常に大きな意味を持つのは明らかだ。

選手も、スタッフも、サポーターも
全員それは分かっていたはずだ。
もちろん千葉にしてもそれは全く同じだっただろう。

だからこそ、この日、フクダ電子アリーナには
スタジアム史上最多となる観客が詰め掛けたわけだ。

試合前の選手のコメントも気合を窺わせていたけれど
ゴール裏のサポーターの気合も辺りに充満していた。

IMG_0965_org.jpg

熱気というものが選手に伝わることで
選手に影響するとするならば
この日の熱気で影響を受けないはずは無い。

事実、試合は白熱したものになった。

前半、橋本のクロスから先制するも
かつて柏に在籍していた谷澤に恩返しの一発を食う。
柏ゴール裏の真正面に決められた一撃は
正直ファインゴールだったと誉めるしかないだろう。

それでも前半のうちに今度は北嶋が決めてくれた。
チームの精神的支柱である彼が
ベンチ外にも腐らずにアピールを続け
ネルシーニョの起用に応えたわけだから
これで盛り上がらないわけが無い。

ただし、前半終了間際に
2アシストを記録した橋本が怪我で交代を余儀なくされる。

右サイドに入っていた小林の出来が今ひとつだったことを考えると
ちょっと気がかりではあった。

それでも代わって入った藏川は決して悪くなかった。

栗澤の退場は
正直カードもやむを得ないプレーだったとは思う。
1枚目は厳しいと思うけれど
イエローを貰っている選手は2枚目を貰わないように注意しなければならないし
そういう意味で栗澤には猛省を促したい。

それにしてもネルシーニョの選手起用は見事だった。

栗澤の穴を埋めるべく起用したのは
同じポジションの選手ではなく、前目の澤。
前線からの守備を激しくすることで
中盤の負担を減らしたわけだ。

起用に応えた澤の動きも見事だったし
一人少ない穴を埋めるべく奮闘した大谷の守備は
本当に素晴らしかったと思う。

レアンドロ、ホジェル、澤の3人だけで獲った3点目が
実に大きな1点となって
猛攻を仕掛けてくるジェフの反撃を1点差で凌いだ。

菅野のセーブは相変わらず安定していたし
代表コーチの視察に充分アピールできたものと思う。

ロスタイムの6分は長すぎると思うけれど
本当に大熱戦だと思った。

引き分けが続いていたジェフとの対戦でようやく勝っただけなく
4位との勝ち点差を16に広げる大きな勝利だ。

IMG_0966_org.jpg

試合直後の整列における柏と千葉の選手の姿勢が
その結果の大きさを物語っているように思う。
胸を張る柏の選手と、膝に手をついてうなだれる千葉の選手。

IMG_0967_org.jpg

とはいえ。

まだ何も決まっていない。
タイトな日程で、しかも次は栗澤を欠く。
橋本の具合もまだ分からない。

不安材料が無いわけではない。

それでも、この日の北嶋が見せてくれたような
気迫と執念を他の選手が普段から感じ取ってくれれば
チームの総合力が落ちることはないはずだ。

試合に出られていない選手が腐ることなく
出たときに全力を尽くしてくれれば
結果はついてくると信じる。

スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。