Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグdiv.2 第三十五節 サガン鳥栖vs柏レイソル

J1に昇格を決めたばかりの柏レイソルだけれど
先週に行われた天皇杯のガンバ戦においては
チームとしての成熟度や質において明らかに差があった。

もちろん現状で差があるのは仕方が無い。

通用した部分もあったし
通用しなかった部分もあった、
それでいいとも思う。

要するに、その差をどう埋めていくのかが見たいのだ。

特に今期の柏のサッカーの特長として
両サイドのSBが高い位置を取り、サイドから攻撃するというのは
中央からレアンドロが絡んで突破していく形と並んで
柏の一つの攻撃パターンになっていたわけだけれど
ハイライトで見る限り、ガンバ戦ではそれほどいい形は作れなかったと言っていいだろう。

それはつまりは先発として使われてきた橋本、小林、村上と
ガンバ戦で出場した酒井、藏川とでは差がある、ということになる。

常にベストメンバーで戦えるわけではないのだから
控えの選手のレベルアップという点においても
この2人がどういうプレーを見せるかが
鳥栖とのリーグ戦においても非常に重要だと思っていた。

スタジアムに着いてまず立地の良さに驚く。
下は駅から見た写真だけど、ほとんど駅前と言っていい。

IMG_1189.jpg

スタジアム内部も傾斜が十分あって
どの席からも試合が見やすいように設計されている。

IMG_1192_org.jpg

IMG_1195_org.jpg

この日の動員は5000人を少し上回るくらいだったけれど
この立地でこのスタジアムで5000人はもったいない。
上から目線で言うほど柏の動員は大したことは無いけれど
このスタジアムに常時10000人以上入るようになったら
きっと鳥栖はもっと強くなるだろうなと少し思った。

肝心の試合はというと。

やはりサイドの出来が悪いと言わざるを得なかったと思う。
攻め上がりの姿勢、タイミング、クロスの質、
満足いくものとはとても言えない。

酒井はSBとCBを両方こなす貴重な存在だけれど
もっとチャレンジしなくてはいけないし
簡単なミスをもっと減らさないといけない。
大器だと思っているだけに歯がゆかった。

レアンドロが出場停止でいない上に
サイドの出来が悪いとなれば
柏の攻撃は当然のように停滞する。

大谷が時々良い中央突破を見せたけれど
それも単発で終わってしまう。

ホジェルのゴールは見事だったけれど
そこ以外には見せ場に乏しいものだったと言うしかない。

終了間際、一方的に攻められた時は
逆転負けも覚悟したほどだった。

IMG_1201.jpg

弱点が露呈されることは否定的には考えない。
そこをどうするか、が監督やフロントの手腕だ。
僕がとやかく言うことではないし
言ったところで何の意味も無い。

でも、何万円も使って遠路はるばる現地に試合を観にいくのだ。

不出来な試合には不出来だと言う。
物足りなければ物足りないと言う。

プロのスポーツクラブはそれが無いとダメだし
弱いままのクラブを応援し続けるのも
なかなか大変なんだから。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。