Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Outcasts 外伝~An unidentified woman vol.1~

カジノに限らない話であるが
アングラの世界では従業員の食事は店が用意することが多い。
いわゆる「賄い=まかない」と呼ばれるものだ。

自炊して職場に弁当を持参するような
生真面目な人間がいるような世界ではないというのもあるが
食事の買出しのための外出などで
あまり人間の出入りを多くしたくないというのもある。
看板も出していない雑居ビルのフロアに
頻繁に人が出入りしていれば怪しまれるからだ。

当然、出前を取るわけにもいかないから
アングラカジノにおいては客に食事を提供するためには
きちんとした厨房とコックを用意することになる。

カジノ遊びというのは基本的には
ある程度裕福というか遊び金のある層のするものだから
そういう人々にあまりいい加減な食事などを出すわけにも行かない。

そんなところをケチって良客を逃すのは
どう考えても割に合わない。

ただ、場合によっては
どうしても厨房の無い物件で営業せざるを得ないこともある。
急いでハコを移らないといけない時には
そういった点に目をつぶってでも
早く営業できる物件を見つけないといけないからだ。

そういう時は、予め寿司や弁当などを用意しておくことになる。
もちろんちゃんとした寿司屋の寿司だし
弁当も焼肉や鰻の専門店が作る1つ2000円はする弁当だ。

従業員の食事はどうするかというと
もっと安い弁当やその日に残ったものということになる。

とある時期に僕が働いていた店も
厨房のスペースが取れないような狭い店で
そういった形で客や従業員に食事を摂らせていた。

こんな世界とは言え、食べるものというのは意外に大事で
これが粗末だと従業員の不平不満が鬱積したりする。
上の人間や客ばかり良い物を食いやがって、などというところから
ヨコ(横領のことだ)を企まれることだってあるのだ。

だから、ある時期から従業員用の安弁当を用意するのを止める代わりに
その分を毎日個別に現金で支給するようにしていた。

大したものを食わせてやれないなら
せめて仕事が終わってから好きなものを食え、ということだ。

そして、客用の弁当が余ったら
それは自由に食わせてやっていた。

どれくらいの数の食事が出るかというのは
飲食店ではないカジノにおいてはなかなか計算が立たないので
どうしても用意した弁当のロスは出てくるわけだし
どうせ捨ててしまうのであれば
せめて有効に使いたいという思いがあった。

しばらくの間は、それでうまく回っていた。

食事代を支給してもらえるだけでなく
客が食べなかった高級弁当も残ればもらえるということになれば
むしろ得をしたと思う者も多いからだ。

ところが。

営業しているうちに、一つ厄介ごとが発生した。

<続きを読む>
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。