Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち筋

鳳凰東風速卓で3000戦打った。
と言っても、アカウントは2つに分かれているので
それぞれでだいたい1500試合ずつ打った形だ。

成績分布はこんな感じ。

tonpu.jpg

順位分布や平均順位、平均得点はまるで違うけれど
安定段位はほとんど同じ。

もちろん同じスタンスで打っているのは間違いない。
段位を上げるように意識している。

同じ人が同じスタンスで打っているから
順位分布や平均順位などとは大きな相関は無く
重要視している安定段位に強い相関が見られる、
つまり打ち筋としては安定している、と解釈すべきなのか。

それとも、同じ人が同じスタンスで打っていても
順位分布や平均順位に大きなばらつきが見られる、
つまり打ち筋なんてものは大して当てにならない、と解釈すべきなのか。

僕は統計学にはあまり明るくないので
正直どっちなのか全く分からない。

だいたいこういった話は

・自分の打ち筋が本当に一定していて
・母体のレベルに変化がなく
・1500試合という試合数が収束するのに十分である

というのが前提になるわけで
言うまでもなく、それはどれも仮説に過ぎない。

仮定を3つ並べて仮説を導くというのは
これはもうほとんど占いみたいなものだろう。

母体のレベルについて個人的な体感をもとに述べるなら
ピラミッドで言えば、高さも高くなり裾野も広がっているはずで
強い打ち手も増えているけれど
鳳凰卓が出来る前には七段にはなれない力の層が
上位陣が鳳凰卓へと抜けることによって七段になれた分、負け組も増えているだろう。

接続数が横ばいである以上、そろそろ飽和状態なのではとは思うけれど。

試合数も1500ではおそらくぶれは大きく出るはずで
もっともっと打たないと
実力が成績にきちんと反映されているとは言えないのだろう。
(かといって、月に500も600も打てないのだが)

打ち筋に関して言えば
今までは同じように打っているつもりではあったけれど
それだって精神状態や体調などによる影響はあるだろう。

それに、今の鳳凰卓の傾向として
直線的な打ち手というか、いわゆる前がかりの打ち手が増えたように
僕個人としては感じているのだけれど、
もしそれが事実なら、それに合わせて最適な選択も変化するはずだ。

だから、僕なりにそれについて、対応させていっている部分はあるのだけれど
(これはまたの機会に述べることにする)
それが次の1500戦後の成績に反映するかどうかは分からない。
誤差の範囲内に収まってしまえば検証の仕様が無いのではないだろうか。

そう考えると、麻雀の実力を測るというのは
実に難しいものだなぁとつくづく思わされる。

まぁIDには当たりとか外れはないんじゃないかということだけは
言えそうな気はするけれど。


いーや、IDには当たり外れがあるね!って人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。