Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳チーム対抗戦

咲という麻雀アニメを僕は見たことが無いのだけれど
それに似た形式でチーム対抗戦をやるようだ。

柔道などの団体戦もこの形式だし、
2chでもこの形式の大会は何度かあったから
わりと馴染みがあるやり方なのだろうと思うし
基本的に個々の戦いである麻雀に
団体戦の要素が入ってくるのはやってみると面白い。

雑スレでもチームを出すのかなと思い
選抜戦をやるなら、と密かに(でもないけど)見ていたのだけれど
ギリギリまでかかった挙句立候補制になっていた。

雑スレ代表枠決定大会をやってチケットをもらって参加費に充てる、
こうなるもんだとばっかり思ってたんだけど。
なんなら僕が出してもって感じだった。

雑スレ代表になるなら選抜戦を勝ち上がってなる、というのが
僕のマイルールなので、今回は見送り。

雑スレくらいの規模があるなら
選抜戦からやった方が盛り上がるだろうし
今まではそうしていたはずなのだけれど
実際それをやるとなると仕切る人も大変だろうから
仕方の無いことなのかなとも思う。

ということで、仕切り役がなかなか出ず、さらに面子選びで揉めて
ようやく出ることになったなと安心して
柏レイソルの快勝の余韻に浸りながら寝たんだけど・・・

完全に僕が甘かった。

翌日スレを見たら
今度はチーム名で夜通し(というか今も)大揉めに揉めていた。
雑スレは揉めてナンボってことなのかもしれないけど
エントリーが完了した後までか(´д`)

まぁ口を出すような立場ではないし
せっかく強そうなメンバーになったのだから
まとまるといいなと思ってはいる。
出ることになったら応援してます。

とはいえ出場チームを眺めていると
鳳凰卓で良く見かける面子で固めた強そうなチームもあるし
競技プロのチームもあったりする。

ということで、全てのチームを知っているわけではないけれど
注目チームをいくつか挙げてみる。
優勝チームもこの中から出るんじゃないかと個人的には予想。

「協会鳳凰民チーム」

プロ麻雀協会の競技プロ、なおかつ天鳳で鳳凰卓まで上がってきた面子を揃えてきた。
鳳凰卓まで上がってくるというのは実力ももちろん必要なんだけど
時間的な条件もクリアしないといけない。

ネット麻雀を軽視しているプロはまずそこまではやり込まないだろうから
そういう意味では新時代のプロ像と言っていいかもしれない。

大将はやらかしてもやらかさなくてもおいしいという立ち位置でいいねw

「チーム東風荘」

ネット麻雀の老舗東風荘時代からネット麻雀の強豪としてプレーする面々。
天鳳でももちろん高段位に登りつめたプレーヤーばかり。

数多く打った長期成績という観点で言えば
信頼できる実力の持ち主ばかりなんじゃないだろうか。

「六人の野武士」

ここもプロ、元プロを含めて
かなりの実力者を揃えてきたように思う。
条件つきの戦いになるであろう副将、大将に
十段経験者を持ってきたあたり本気で勝ちに来てるはず。

「喚ばれし悪魔たち」

公表しているのかどうか判らないけれど
ここも競技プロばかりで固めてきた。

先鋒と副将の二人には
かつて通った雀荘でずいぶんやられた記憶がある。
その忌々しい記憶も含めて、密かに優勝候補かと思っている。

「ビリー軍団」

大将、副将に強いプレーヤーを持ってくるのは当然、先鋒から一気に差をつける、
と言わんばかりに東風の強豪を揃えてきた。
得点配分に傾斜があるわけではないから目論見どおり先行できれば突っ走りそう。

不安材料があるとすればあの位置だけれど・・・

「たわわに超強王国」

たぶんどこかの麻雀スレの代表チーム。
2chの大会で何度も見たことのある面子が集まっているし
結構いい成績だったような記憶がある。

この方式の戦いに一番慣れているんじゃないだろうか。

「暇人集会所」

プレーヤーとしては全く知らないんだけど
面子が何となく面白かったのでピックアップ。

(*´ω`*)q
(*´ω`*)ノ
(*´ω`*)ミ
(*´ω`*)凸
(*´ω`*)v
(*´ω`*)w

紛らわしすぎるw

全部で50チームくらいあるし
全部のチームを知っているわけでもないから
一つ一つ紹介していくわけにもいかないけれど
出場される皆さん、頑張って下さい。



出もしないのにこんなの書いて
こっそりトトカルチョでもやってんじゃねーだろうなって人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。