Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体で覚える

先日のゲストの時の話。

実に多くの方が、わざわざ来てくれた。
中には打てなくてもとりあえず行ってみようということで
お店に見学の可否を尋ねられた上で来てくださった方もいた。

僕など見ても致し方ないだろうとは思うのだけれど
そのご厚情には深く感謝するしかない。

もちろんお店にとってはその時点ではお客ではないけれど
天鳳ユーザーをゲストで呼ぶという試みをする上で
その日にとどまらない長期的な視点で見てくださったのだろう。
それにももちろん感謝せねばなるまい。

基本的にゲストの間はずっと打つことになっていたのだが
卓組の都合上、若干間隔が空くことがあって
その時にいらしていただいた方と雑談をする時間があった。

その中で、麻雀が強くなるにはという話題が出た。

例えば戦術書を読んだりあるいは上級者に添削を受けたり
何切る問題を解いてみたりと
そのアプローチはいろいろとあるだろう。

けれど、結局の所、理論を学ぶだけでは
それを生かすことは出来ないと僕は思うし
そういう旨の答えを返した。

戦術書にしても添削にしても
そこに書かれているのはいわば理論、原理原則であって
理論を現実に実践していくことや
その原理原則が当てはまる局面と当てはまらない局面を見分けることは
自分で判断し身に付けていかなければいけない。

例えば関連牌の枚数がどれくらい場に見えているか把握するのだって
実際に自分でやってみて慣れていかないと
いざいきなりやってみようとしても時間がかかったり見落としたりするはずだ。

学習と習得の間にはやはり「実践」「反復」
そしておそらくは「反省」という過程があるのだ。

そういう意味で言えば、天鳳というのは
強くなるためには理想的な環境だ。

僕が学生の頃は、そういうネット環境なんてなかったから
麻雀を打つといえばそれは当然リアルであり
大隈商店街のしけた雀荘に仲間と集まって夜通し打つしかなかった。

貧乏学生ながら、そこには幾ばくかレートが乗せられていたから
負けが込めばパンクということになる。

一日二日であれば借りも利くけれど
帳面博打がギャンブルを嗜む上で基本的な禁忌であるというのは
青二才ながらも皆承知はしていたから
その借りを返すまでは打ちたくても打てない。

反復も何もあったものではない。

それに加えて局面を振り返ろうにも
徹夜明けの疲れた頭では細部は当然うろ覚えになる。
帰りの電車の中でああでもないこうでもないと言ったところで
正解や最善手を導くための材料そのものがない。

溶けるように寝て起きる頃には綺麗さっぱり忘れている。

いつでも打て、どれだけ打っても月に500円、
さらには牌譜も全て残すことが出来るというのがどれほど恵まれた環境なのか
リアルの麻雀をされない方でもお分かりいただけるだろう。

ゲストで呼んでいただいた遊図さんは
ゲーム代も300円とテンゴ雀荘の中でも破格の安さだけれど
それとてラスを引けば学生にとってはそれなりに痛いものになる。

実を言うと、遊びに来てくれた方の中に
1回ラスを引けばもうパンク、という方がいた。

「いや、三鷹に来るまでの電車賃ももぶっちゃけ痛いって言ってました」

などと彼の知人が笑いながら仰っていたけれど
同じように貧乏学生だった僕には
その1戦の重みがとても良く理解できた。

(まぁそんなことを言いつつも、
彼は同じように来店してくださっていた十段様と同卓するという
若気の至りというか期待値度外視の行動を取っていたのだけれど
その無鉄砲さ、思い切りの良さも若者らしくて嫌いではないw)

結局彼とは同卓はできないままだったが
鳳凰卓で打てるのだから別に大した問題ではないだろう。

いずれにしても、どれだけ打っても月500円、
さらにきちんと選別された面子と打つことができる環境というのが
学生にとって強くなるためにどれほど大きく寄与するだろうと
周りの制止を振り切って朝から鬼打ちをしている彼を見て
僕はふと思ったりした。

とは言え、学業が本分である彼に言葉をかけるとすれば
(彼がこのブログを見ているかどうかはともかくとして)

「ほ、ほどほどにな」

というものに、それはやはりならざるを得ないのだけれど。



学生の頃に天鳳あったら自分だって留年してたんちゃうんか!って人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。