Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

リアル麻雀

プロ協会の「雀王決定戦」
最高位戦の「最高位決定戦」
立て続けに二つ、競技麻雀の観戦に行ってきた。

所用の合間を縫ってだから少しだけしか見られなかったけれど
天鳳とも縁のあるプロが出ているので頑張って欲しいなと思いながら観戦していた。

がしかし、リアルの対局は、観戦に向かない。

手牌が見えるのは角度的に言って最大で二人までだし
椅子に座って飲み食いしながらというわけにもいかない。
誰かとわいわい喋ることもできない。

時間もネット麻雀の観戦に比べれば大幅にかかる。

自動卓とはいえ、牌山が上がってきて配牌を取り、理牌をして
摸打を数十回、長考混じりに繰り返す。
一打一打の摸打の間には、他家からの発声がかかるかどうかを一拍待つ。

誰かが和了すればそれぞれが和了の成立を承認し、
点棒の授受が遺漏無く行われてから
ようやく次の局に移る。
団体によっては、自動卓に牌を落とす前に洗牌(かき混ぜる)までする。

だいたい半荘1回60分以上はかかると思う。長引けば100分オーバーだ。
その間、立ちっぱなしになることだってわりと良くある。

何と言うか、対局者も大変だろうが観戦者も大変な思いをする。

それでも、その息をするのも憚られるような緊張感は
個人的には結構好きだったりする。

ただ、対局が終り、勝者と敗者が決まっても
その場では質疑応答はもちろん、感想戦のようなものも行われない。
何を思い、何を目指して、その息詰まるような摸打を繰り返したのか
こちらからは推測するしかない。

せっかく著名なプロの戦いを見る機会があっても
それを振り返る時間が持てなければ少し惜しいなとも思う。

数日後、場合によっては数週間後にHPに掲載される観戦記を見ても
知りたいことが書かれているとは限らない。
ネタなのか本気なのか良く分からないような血液型の話が載っていたりすると
やはりその次も読んでみようかという気持ちにはなかなかならない。

それは記録の面にも言えることだ。

タイトル戦の決勝にもなると、記録として牌譜を採譜する。
1人の対局者に1名ずつ、採譜者が付く。
驚くことに、採譜は未だに全て手書きだ。
僕もホンの少しだけ競技の世界を覗いたことがあるのだけれど
実に25年前と全く同じことをしている。

その手書きの牌譜を「パイフン」というソフトに手入力して
ようやく何とか見られる状態になる。

その再現性の低さからなのか、
あるいは単に面倒だからなのか、
対局者の思考などが細かく解説されることはほとんどない。

例えば今日、最高位決定戦の第二節、
最初の半荘の東1局で
起家になった佐藤プロは8巡目に

二萬四萬二筒四筒六筒八筒九筒九筒二索三索四索五索西ドラ九筒

この形になって上家から出た三筒をスルーして、
次巡に出た七筒をチーしていった。

そして最終形はこうなった。

二筒四筒九筒九筒二索三索四索 ロン三筒 チー三萬横二萬四萬 チー七筒横六筒八筒

上家のリーチを受けた後、数巡押した後のことだった。
結果論だけ言うなら、リーチ棒は得したけれど、リスクを増やし和了を遅らせたことになる。

僕なんかだと三筒に喜んで飛びついてしまうけれど、
ドラ近辺の七筒が出にくくなると思ったのかなとか
上家の現物で待ちたかったのかなとか
そういうところはこちらは想像するしかない。

ここまでトータル4位で首位と100ptほど離れていることが
何か影響したのかもしれない。

ピンズの切れ方一つで大幅に対応が変わってくるところだろうけれど
場況などは全て記憶できるはずも無い。

だから、率直に言うならば、天鳳名人戦などにおいても
自戦記や解説などをどんどん発表してほしいし
今発表されている自戦記や質疑応答などについては
とても関心を持って読ませてもらっている。

もちろん手の内を全部明かしたくないとか
それぞれ思惑はあると思うので
こちらの勝手な願望に過ぎないのだけれど、
ネット配信が一気に普及したように
リアルの牌譜などもいずれもっと見やすくなるといいなと思う。


ともあれ、やっぱり麻雀は面白いなと僕は思うし
麻雀を愛する人たちが集まっている場というのは
それだけでいいもんだなと思ったりもする。

ネットにはネットの、リアルにはリアルの良さがある。
非喫煙者の僕にとっては、タバコの臭いだけは良さに含めるのは抵抗あるけれど。

發王位戦の天鳳予選が11月から行われるけれど
勝ち上がった人には是非出場してそれを味わって欲しい。
健闘を期待します。

title.jpg


↓お前は出ないのかYO!って人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード