Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

私の青春を返して

学生時代の夜遊びといえば僕にとってはだいたいは麻雀で、
早稲田か高田馬場の何処かの雀荘に行っては徹麻する日々だった。
時々は安酒を飲んでから打つこともあったのだけれど、
ごく稀に、何処の雀荘も満員で入れないことがあった。

今と違って24時間もしくは夜通しやっている遊び場はそれほど多くなかったのだ。

仮に24時間営業の店があったとしても、
僕らには高くておいそれとは入れなかった。
カラオケでさえ一晩いれば数千円以上かかる時代だった。

そんな行き場のない学生が溜まる店の中に「白百合」という喫茶店があった。
高田馬場の駅の近くだったが、今もあるかどうかは知らない。
水に色を着けただけに近いコーヒーを出す店だったけれど
朝までやっていて安く上がる数少ない店だった。

ある日、何処も満員で麻雀することができなかった僕らは
仕方なくその「白百合」に入りダラダラと喋りながら時間を潰していた。

他愛もない話を延々とし続け、
やがて話題も尽きかけた時、
仲間の一人が僕らに目配せをした。

僕らの隣の席で、カップルが別れ話をしていたのだ。

話を切り出したのは男の方らしかったが
女はそれに納得いかない様子で男を問い詰めていた。

ボソボソと煮え切らない口調でその詰問に答える男に
やがて彼女は業を煮やしたのだろう、
突然テーブルの上のグラスに入っていた水を掛け、こう言って席を立った。

「私の青春を返してよ!」

呆然とする男を置いて、彼女は店を出て行き、
しばらくして漸く我に返った男も
慌てて会計を済ませて店の外に飛び出していった。

残された僕らは格好の暇潰しとばかりに
彼らの置かれていた状況について自分の推理を披露しあった。
始発まで、まだいくらかは時間があったのだ。

彼らのいささか芝居がかったやり取りが新鮮に見えるくらいには
当時の僕はまだ純真さを残していたのだろうが
やがてどっぷりとアングラの世界に浸かって
ドロドロとした人間関係を目にし続け、
僕の感受性はどんどん磨耗していくことになる。

それに気づいたのは数年後、歌舞伎町の喫茶店で
全く同じ台詞を耳にすることでだった。

歌舞伎町ほどの巨大な繁華街では
いわゆるヤクザの縄張りのようなものは存在しなくなる。
もともとそこにあった組はあるけれど
独占ではなくなるのだ。

数多くのヤクザが進出してくる過程で
半ば中立地として存在していたのが
その喫茶店だった。

その店の中では、利害の対立する相手と鉢合わせても
お互いに見て見ぬふりをすることが暗黙の了解であり
店も、植木や棚でそれを助長するような作りになっていた。

(余談になるが、後年、中立地であるはずのこの喫茶店で
中国マフィアが日本の暴力団を襲撃した事件が起きた時、
当然ながらその残虐性は世間に対して強烈な印象を与えたのだが
歌舞伎町の住人たちには中立地を侵したという別の意味で衝撃を与えた。

そのせいか、程なくしてその喫茶店は大規模な改装を行い、
広さを半分以下にし、遮蔽物も大幅に減らした
イマドキのカフェとして営業するようになる)

僕は当時良く行っていた雀荘の店長と
お茶を飲みながら麻雀の話をしていた。

そこはビンタという少し変わった差し馬を取り入れていて
僕はずいぶんそれに熱中していたのだ。

ビンタというのは全員と握る差し馬の一つだが
25000点の配給原点を割っていると支払いが2倍になる。

1000点100円の3-6、1000円ビンタで
一戦がトップ35000点、2着30000点、3着25000点、ラス10000点で終わると

ラスはマイナス8000円の他に
トップ、2着、3着にそれぞれ2000円を支払う。

25000点の3着はマイナス3500円の支払いに加え、
トップと2着に1000円ずつ払い、ラスから2000円もらう。

30000点の2着はプラス3000円に加え
3着から1000円、4着から2000円をもらい、トップに1000円を支払う。

これが仮に3着が24900点だと
ラスは3着に対して支払うのは1000円で良くなり
3着はトップと2着に2000円ずつ支払うことになる。

配給原点の有無が支払いに大きく影響するのだ。

だから配給原点をクビと呼び、
配給原点を割ることを「クビが切れる」と言う。

通常の着順や赤の祝儀に加えて
このクビの有無が収支に影響するわけだから
どんなダントツでもダンラスでもやることが常にある。

たとえばこんな状況でオーラスになったとする。

2013020622gm-00e1-0000-fbc007a9tw=3ts=3close.jpg


僅差といえば僅差だが
自分の着順を上げることだけでなく、
たとえば2着目の南家は1000点を上がれば
着順は2着のままでも、クビが切れた二人から2000円ずつをもらえ
自分の支払いは1000円で済むので
大きなゲインということになる。

ラスは着順を変えられないまでも
このまま3人がクビを切られた状態で終われれば
2、3着への支払いは1000円で済むということになる。

3着目の親はトップ目から5800直撃で逆に3人クビ切りの状態になるのはもちろん
たとえ2900でも2着で止めてしまうという選択肢も持てることになる。

当然ながらそれはリーチ判断や仕掛けの判断に大きく影響する。

図で言えば5800確定ならリーチをかけないでもいいという判断が出てくるのだ。
これがトップだけを評価するルールや、収支だけで戦っているなら
5800ではトップにはなれないわけだからほぼ間違いなくリーチだろう。

当時の僕はそんなことばかり考えながら暮らしていて
その日もその店長と、ああでもないこうでもないと
状況判断の是非について語り合っていた。

その時、隣のテーブルに
ホストらしき男と若い女の子のカップルがいた。

何やら揉め事のような雰囲気だったのだが
会話の内容を聞くほどの関心は僕にはなかったし
仮にあったとしてもその店の作りでは聞き取れなかったかもしれない。

がしかし、突如としてその女の子はこう叫んだのだった。

「私の青春を返してよ!」

学生時代に聞いた台詞と全く同じだった。
違ったのは、彼女はそう叫ぶと同時に
男の横っ面に強烈なビンタをお見舞いしたことだった。

パシーンという音がやけに高く響いた後
女の子は店を出て行き
男はすぐに後を追いかけた。

水をかけるだけでなくビンタまでする女の子と
それに動じずにすぐに後を追いかける男。

高田馬場と歌舞伎町は距離にして数キロもないけれど
そこを隔てる気質の違いは実に大きい。

そして僕らは、その出来事には特に興味も持たずに
同じように麻雀の会話を続けた。

そんなもの特に珍しくもないし
この街で、他人のプライバシーに関心を持つのが
無粋だというだけでなく、時に危険だということくらいは
当時の僕はもう知っていたから。

もちろん、麻雀に明け暮れた
僕の青春を返してくれと言うつもりも毛頭無いのだけれど。


お前の場合はビンタじゃ済まないってだけだろ!って人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード