Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不亦楽乎

遊図で働きはじめて半月ほど経った。

オープンラストで働くのはなかなか長いけれど
実を言うと、仕事がこんなに楽しいのは生まれて初めてかもしれない。
それくらい楽しく仕事をさせてもらっている。

入店以来、数多くある不慣れなところを
常連を中心としたお客様のご寛容さに救われているのだけれど
それもありがたかったし、
とてもたくさんの方にご来店いただいていることも
本当に、本当にありがたかった。

僕の失礼や粗相で疎遠になってしまった方が顔を出してくれたり
天鳳を通してしか知らなかった方が覗いてくれたりで
それだけでも働いて良かったと感じた。

そもそも、遠くから、あるいは予定の合間を縫って
わざわざ三鷹までお越しいただくだけでも
感謝の言葉もないくらいなのに
差し入れやお土産、お祝いまでくださった方までいて
ただただ恐縮するばかりだった。

ご来店くださった皆様には、この場を借りて改めて厚く御礼申し上げます。

それにしても、メンバーという仕事は面白い。

麻雀が好きな人が、麻雀が好きな人を相手に
麻雀を打つことを仕事にできるのだ。
とりわけ遊図はお客さんも従業員も若い人が多くて
その熱意にはやはり少なからず影響される。

平面では優劣が分かりそうもない何切るを熱心に論じたり
多面張を懸命に考えたりしているのを見ると
何というか、自分にもあった「その頃」を思い出したりする。

長いスパンで携わるのはなかなか難しい仕事だけれど
人生のとある一時期やるのなら楽しいことの方が多い。

もちろん責任のある立場を任されている訳だから
それはそれでしっかりやらなければならないし
遊図という店に改善すべきところがあるのも事実だ。

建物や内装自体が古いのは仕方が無いにせよ
「無駄なもの」を「乱雑に」置いてあるのはやはり何とかしないといけない。
(店の一角が物置的なスペースになっているのだけれど
そこはほとんど魔界のようになっていてなかなか手を付けられない><)

卓や店内の清掃のようなルーティンワークの質は
もっと上げなければならないだろう。

一人でできることは限りがあるから
それは店全体として取り組むようにしなければならないけれど
それ自体が決して簡単なことではない。

接客におけるベーシックな部分については
そつのない対応をできるくらいの最低限の経験やスキルはあるけれど
とりわけ常連の方との距離感については
僕にとっては手探りの部分は少なからずある。

やはりそこは雀荘にとってはすごく大事なところだから。

常連のお客様を大事にしなければならない、
常連のお客様にとって
違和感のない居心地のいい雰囲気を作らないといけない

ということと

来店歴の浅いお客様に疎外感を感じさせてはならない
新規で来られたお客様の定着率を上げなければならない


ということはある側面においては相反する。
そのバランスは本当に難しいなとつくづく思う。

多少の失敗はオーナーにフォローしていただいている分
僕は恵まれているのだろうけれど。

ともあれ新米ながら一生懸命やっております。
僕のようなオッサンではなく、若くて可愛い女の子スタッフもいます。
お近くにお立ち寄りの際は、
あるいはちょっと見てやろうかという方は
是非ご来店ください。


あ、お前じゃなくて女の子見に行くからwという方はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。