Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大海原に魅せられて

僕はリアルの麻雀を先に覚えて
それからネット麻雀に出会いのめりこんだ。

タバコの臭いやラス半の引き留めもなく
牌譜が残せて、後からでもより正確に緻密に反省点や問題点を見つけられ
それを自分にフィードバックさせられる。

それはネット麻雀ならではの良さだと思うし
麻雀というゲームを楽しむ上で
お金を賭けることなく楽しめるというのは
間口を広げるという意味でも大切なことだと思う。

がしかし、それと同時に
リアルの麻雀にはそれとまた違った良さがあり
違った楽しみがあることも事実だと僕は思う。

息をするのも憚られるような真剣勝負の場で打つことも
親しい人と卓を囲んで打つ時に交わすおしゃべりも
あるいは麻雀牌の手触りさえも
麻雀の楽しみの一つだと言っていいだろう。

ずっと言い続けているけれど
麻雀というゲームを好きになったのなら
リアルもネットも楽しめるはずなのだ。

だから、ネットで麻雀を覚えたプレイヤーには
リアルの麻雀も是非体験して欲しいと思う。
順位戦だけが麻雀では無いし
赤があろうとなかろうと、麻雀は楽しいのだ。

麻雀プロは普及を口にするのなら
そういうところに目を向けて欲しいとも思っているのだけれど
知り合いの女流プロたちが中心になって
そのためのイベントを企画したということで
宣伝のお手伝いをさせていただくことにした。

天鳳~紅孔雀杯

聞くところによると、趣旨に賛同したプロが
大挙して友情参戦してくれるらしい。

そういうのもいいなと思う。
なんというか、麻雀という大海に魅せられて
のめりこんだ者同士ならではという感じがする。

参戦してくれるというプロのリストを見ると錚々たるメンツで
僕がその中にこっそり紛れ込んでいるのが恥ずかしくなるけど
別にゲストとかそういうわけではないので
東南赤無し収支戦というプロの土俵で胸を借りようと思う。

こんな風に、リアルとネットの敷居が低くなって
どんどん融合していってほしいというのが
僕の個人的な願いでもあるから。



お前に海に誘われたら溺れさせられたりしないのかお(*´ω`*)?って人はクリック!
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。