Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

段位戦配信に関して・2

周知のように、先日運営ブログにおいて段位戦配信の自粛要請があった。
自粛とかならやっぱり目安でもいいから期間は示しておいてほしいかな。
いつまでに結論あるいは方針を決める、とかね。
鳳凰卓に限定しなくてもいいと思うし、もっときちんと告知するべきだとも思うけど。

もちろん、そんな数日でうまい解決策なんかまず出ない。
案があったとしても、それを現実に実行するには
いろいろと準備もあるからだ。

だから「ひとまず自粛してもらえると」という表現を使ったんだろう。
その辺を汲み取ってやれよとは思う。

少なくとも、もともとあった問題がこうして顕在化して
運営から自粛を求められているんだから
禁止になるまではやる、禁止になっても垢BANまでやる
同卓者の迷惑なんか知ったこっちゃ無いというのは
ちょっと違うんじゃないかと個人的には思う。

だって垢BANされるまでやるってんじゃ
コンビ打ちしてるやつと同じじゃないか。

フェアネス、ということを考えれば
一番手っ取り早いのは配信禁止だ。

今まで、僕自身も含めてなぁなぁというかあいまいにしてきた問題が
今回の一件で顕在化してしまったわけだから
これはもう運営は放置してたらいけない。

個室や大会の配信になるしかないんだろうと思う。
個室だと人が集まらないから段位戦を配信させろというのは
配信する側の一方的な理屈であって
人も集められないような配信なんかするなと言われると
僕は返す言葉が無い。

ニコニコ生放送で使う個室番号2525のようなものを
公式で作ればいいのかな。
それが言ってみれば配信許可卓なのかな。
ポイントやRの変動が無い個室での対局がどれだけ盛り上がるかといわれると
それは正直良く分からないとしか今は言えない。

運営が配信OKの公式の大会をこまめに開くなりすれば
(賞品は経済的利益としては出せないだろうけど)
多少は盛り上がるかもしれないけど
その時間だけしか出来ないという問題はあるから
やはりユーザーの意識として配信は個室で楽しむという風に
意識自体を変えていかないといけないのかもしれない。

それはそれとして。
技術的な問題として解決策が無いかちょっと考えてたりする。

例えば、Livetubeに天鳳専用の配信サーバーを設置して
そのコストを運営とユーザーで負担していく。
LivetubeにS1とかS2とかあるサーバーにtenhouサーバーを作るわけだ。
(自前で配信システムを作るよりは提携した方が安いだろう)

段位戦の配信はそれを使ってください、
そこなら接続情報は記録されますから
ゲームサーバーと配信サーバーに同時に接続したプレイヤーは分かります、
プロキシははじかれます、
でもコストがかかるから配信したい人は有料ですよ、


とすれば、単独での覗き見については排除できる。
覗きに関してある程度歯止めが利くなら
同卓者への不利益というのは発生しないだろう。

ただし。

別のユーザーが覗いてスカイプなどで通されたらそれは排除できない。

強制全画面表示にしたらチャットで通しは出来ないけど
今度は配信できないし、口頭でやられたら防げない。
2台用意されても防げない。

それはもう麻雀そのものに本質的について回る不正行為だから
(コンビ打ちと同じく、ネットもリアルも完全に予防することは出来ない)
これを予防するのは無理だし
単発的にやられたらまず発覚しないだろう。

アングラで言うところの「ココ一仕事」というやつで
重要な場面においてのみ、仕事(イカサマだ)をやることだ。
それをされたらほぼお手上げだろう。

コンビ打ちもそうだけど、これはもう
もともとそういうリスクを内包していると考えるしかないように思う。

ただし、わざわざその可能性を増しているわけだから
疑わしいと思った場合には、配信者自身がそれ以降のプレイについて
一旦止めるなり検証するなりするべきだ。

それは自分のためというよりは、同卓者のためだ。
そんなの知ったこっちゃ無いというのは
これはもうある意味覗くやつよりたちが悪い。

これでコンセンサスのようなものが得られるかは僕には分からない。
結局不正を防げないなら駄目じゃないかとなるかもしれないし
単独で覗けないようになるならだいぶ違うんじゃないかとなるかもしれない。

これは運営の結論でもユーザーのコンセンサスでもなんでもなくて
単なる僕の思い付きだ。

配信卓を見つけて相方に見させて
毎巡手牌を文字あるいは言語情報にして送らせる、
これはかなり重労働だけどやるやつはいるんだろうから
コストには見合わないのかもしれない。

そもそもいくらかかるかが良く分からないから
(この手の料金ってホントにピンキリなのだ)
適正な価格がいくらかももちろん分からない。
でも、どうしても段位戦の配信がしたい、ということであれば
別途料金がかかってもそれはしょうがないだろうと思う。

あんまり高かったら無理だけど
その辺はそれこそ運営が市場調査するしかないだろう。

多少運営が負担することがあっても
運営にもメリットがあるならそれはしょうがないだろう。
そのメリットとコストの比較考量は完全に経営判断だ。

一番確実で費用がかからないのはどう考えても禁止だ。
技術的に防ぐのは限界があるしコストもかかるから。

なかなか悩ましいもんだなぁ。
僕が悩むことじゃないんだけどね。
スポンサーサイト

≪ まことにざんねんですがホーム段位戦配信に関して ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。