Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

2010 Jリーグdiv.2 第二節 栃木SCvs柏レイソル

宇都宮まで、電車を乗り継いで行くと
家を出てからスタジアムまでおよそ4時間かかる。
往復で8時間の行程だ。

もちろん新幹線を使ったりすれば
もっと早く行けるのは確かだ。
宇都宮なら高速を使って車で2時間あれば着くかもしれない。

でも。

1人で車移動は高くつくからしない。
新幹線にも乗らない。

そんなお金があれば、もう1試合余計に行きたいから。

そんな人がどれくらいいるか分からないけれど
好天に恵まれたこの日、栃木のグリーンスタジアムには
柏サポーターが3000人近く集まったと聞く。

IMG_0388_org.jpg

IMG_0391_org.jpg

スタジアムの音響が悪くて
場内放送が全く聞き取れなかったのには閉口したけど
J2に落ちたチームが再び昇る日を信じて
皆集まってきたわけだ。

そんな人々に応える試合をしてくれただろうか。

残念ながら、この試合に関してはNOだろう。

試合開始から前半終了間際まで
相手のペースに合わせ、単調な攻撃を繰り返しては
簡単なミスでボールを失ってカウンターを食らう。

引いて守る相手に
ワンツーで崩す動きも無ければ
サイドからいい形でクロス上げるための工夫も無い。

フランサに至っては削られ続けた挙句
前半を終える前に負傷交代してしまう有様だ。

後半になってようやく決定機を何度か迎えたけれど
今度はシュートが枠に飛ばないかGKの正面だ。

確かに審判のジャッジもストレスを溜めさせるもので
いい試合にはなりそうもないものだったのも事実だ。
録画を見る限り、橋本の幻のゴールはオンサイドにしか見えない。
審判のレベルについて云々するのは嫌だけれど
あれだけ試合を止めてしまったらリズムなど生まれようが無い。

栃木の選手も気迫に溢れていたし
良く走り、体も張って守っていた。
客観的に見れば賞賛に値する戦いぶりだったのかもしれない。

でも、そんなのは言い訳だ。
現実は明らかに格下相手にスコアレスドローであって
勝ち点を1点得たというよりは2点失ったと考えるべき試合だ。

IMG_0398.jpg

これでは昇格したところでエレベーターチームの一つになるだけだろう。
勝たなければいけない試合では勝たなければいけない。

ロベルト・バッジオはこう言った。

「今を頑張れない者に、次とか今度とか言う資格はない」

目の前の試合を1試合ずつきちんとものにしていく。
そしてチームとして成熟していく。
結果も内容も両方掴むんだ、そう思わなければ
仮にうまいこと昇格しても同じことの繰り返しだ。

フランサの故障がどの程度か分からない。
レアンドロはフィットするまでもうしばらくかかるだろう。
アルセウもそうだ。

大津はまだか。
古賀はどうした。

セットプレーからは得点の匂いは無く
ミドルシュートを打って、引く相手を前に出す積極性も無い。
こねくり回してはバックパス。
クロスは跳ね返されるだけの単調な棒攻め。

こんな試合は見たくない。
この日のゴール裏からは、久々にブーイングが出た。
賛否両論はあるだろうけれど
前半からやっても良かったのではないかと思うくらいだ。

砂をかむような思いで家路に着き
日も完全に暮れてからようやく辿り着いた。
宇都宮名物の餃子も、味など全く覚えていない。

どうかこれが、今期ワーストの試合でありますように。

今はそれだけ。
選手が一番悔しいはずだけど
帰ってきて撮影した画像を見て、
サポーターをまっすぐ見つめながら歩いてくる選手たちを見つけて
それには、ちょっと救われた。
次につなげてくれると信じる。

IMG_0399_org.jpg
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード