Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスの恐怖との戦い

ピンズの連続形に非常に魅力を感じるけれど
南のポンテンマンガンのイーシャンテン。
ただし既に1枚見えている。

2010052017gm-00a9-0000-ac3bed0dtw=2ts=7.jpg

一枚切れの連風牌がトイツのマンガン(7700)イーシャンテン。
この状態で抱えておくべき残り1枚の牌は何が良いか。

1:テンパイまでこのまま?

ピンズの伸びを見て十分に価値がある間はこのままの形を維持。

3568pなら南落とし。
29pはおそらくツモ切り。
47pもだいたい切ってしまうだろうか。

5mが重なった場合はどうするか。
679sを引いたら?

他家の仕掛けが入ってもこのまま?

リーチや仕掛けに47pが切れなくなったら南も鳴かずに切るか。
南を鳴けた場合にのみ47pを勝負するか。
親に対して、ラス目に対して、3着目に対して、それぞれどう判断するか。

2:他家の気配、動きがあれば先に切る?

クイタン、役牌などの仕掛けが入った場合には
安全牌を抱えて47pのどちらかを外す。

どこの、どういう仕掛けかももちろん大事。

3:できるだけ早めに切って安全牌を抱える

要するに南と心中。

本当はギリギリまで引っ張って
不要なら放銃寸前で切れれば理想だし
ピンズが伸びてタンピンの好形になるのも理想的なのは分かっている。

でも、毎巡ツモるたびに、
特に安全そうな牌を引くたびに
4pを先に切りたくなってしまうんだ。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。