Polyhedron

フットボールと天鳳と、時々アンダーグラウンド。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試行錯誤のその果てに

鳳東を3000戦打った。
(メインも合わせると5000戦近いのだけれど、
とりあえずここでは単一のアカウントでということだ)

鬼打ちクラスタはとうの昔に10000戦を超えているわけだから
まぁ少ないとまではいかないまでも多いとも言えない。
ただある程度の評価をしようと思えばできる打数であるということは言えるだろうか。

3000戦打った結果がこちら。

怖くないお3000


悪くないどころか上出来の部類だと思うが
実を言うと、直近1000戦は全く冴えない成績だった。

237+253+274+236/1000 平均順位2.509 安定段位7.2415

安定段位7.2415、完全に豆である。
最初の1000戦の安定段位が8.9814、次の1000戦が9.1295だったことを考えると
実に2段近く悪化したことになる。

もちろんそれはしかたがない。
誰でもありうることだし、むしろないことの方が不自然でさえある。

とりわけ、この1500戦については、以前書いたように
少し分布を変えようというか、振れ幅を大きくしようと試みて
リスクを積極的に負いにいく意識で打ってきた影響もあるかもしれない。
好調の時は鬼のように勝てるけれど不調になったらガッツリ負ける、
ただそれだけのことかもしれない。

とはいえ、その意識の変え方が
たまたま裏目に出たのか、そもそも最適ではない方向に変えてしまったのかは
率直に言って不明としか言いようが無いのだから
本当に競技としては不向きなゲームである。

東風1000戦程度では何一つ分からないのだ。

念のため、この直近1000戦をもう少し細かく分けると
前半500戦の成績は実に

109/122/141/128/500 平均順位2.576 安定段位5.9688

という体たらくである。
安定段位6段未満ということは完全にチャオコースだ。
この500戦のptのマイナスは七段の配分でも-1320ptだから
トップとラスの偏り方次第では七段からも降段しているはずだ。

もし仮に、これが鳳凰卓に上がった最初の500戦で来たら。

そう思うとぞっとしてしまう。
意気揚々と鳳凰卓に乗り込んでも、為す術も無く特上にUターンだ。

逆にさらにその前の500戦は

136/141/117/106 平均順位2.386 安定段位9.6887

というものだった。
要するに、同じ打ち方をするように努めていても

1500~2000戦の500戦では安定段位9.68
2000~2500戦の500戦では安定段位5.96


ということになる。
同じ人間の成績とはとても思えない。
(MLBにアダム・ダンという選手がいるけれど、彼の成績みたいだ)

500戦程度の区間で成績を語ることの無意味さを実によく表していると思うし
それが1000戦の区間になっても信頼度はそこまで高くならない。

かたや十段も目指せ、かたや特上にUターンなのだ。

実際2000~2500戦の間の500戦では
九段から七段まであっという間の急降下だった。
七段R2030くらいになった時にはRチャオも覚悟した。
(ポイントはまだ1000ptほどあったけれど)

打っていて毎回のように悩んだ。迷った。
同じように打っているつもりではいたけれど、
その自分の打ち方は、自分の判断基準は、
果たして合っているのか、ぶれてはいないか、確かめる手段がない。
ただ減り続けるRとptを見ながら途方に暮れた。

がしかし、現役のプレイヤーである以上、
自分の打ち方、判断基準を決めるのは自分でしかない。

鳳凰卓ができる前、僕は特上卓でかなり苦しんだ。

さくらこ特上

メインのアカウントの成績を見ての通り、通算の安定段位は七段にも満たない。
六段から五段に降段したこともある。

そこから、僕は僕なりに、最適だと思う基準を見つけ
出来る限りそれに従って打ってきた。

押したい、和了したい、トップを獲りたい・・

そういった言わば本能的な欲求を懸命に抑制し、時に葛藤しながら打ってきた。
実際にそれで九段にまではなったし、上出来と言える成績も残せた。

けれど、それでは十段には届かないのではと思い、再び基準を変えた。
それが裏目だったにせよ、誤りだったにせよ
その試行錯誤については全く後悔はない。
というか、この先も試行錯誤を続けていくつもりでいる。

鳳凰卓に来て武運つたなく六段に落ちてしまった人は少なくないだろう。
もしかしたら、それが初めての鳳凰卓での戦いだった人もいるかもしれない。

けれど、それが即ちその人の実力だということではない。
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
要するに分からないというだけの話だ。

だから、現役のプレイヤーであろうとするのであれば
そういうゲームで競っているのだということだけは覚えておくべきだろう。

ただし、それと同時に、自分の打ち方や判断基準が本当に最適なのか、
より適したものがないかどうか考えねばならないことも覚えておくべきだ。

徹底と柔軟、頑迷と機敏の間を揺れ動く、それが麻雀だ。
自分の打ち方に信念を持ちつつ、ある意味では謙虚になるべきだという難しい命題を
現役のプレーヤーは皆、背負っている。

正直に言って、僕が速卓で現役のプレーヤーでいられる時間はそれほど多くはないだろう。
やがてついていけなくなる日が来る。
あるいはついていっているつもりでも精度をどんどん落としていく日が来る。
(既にそうかもしれない)

それはもうしょうがない。

でも、僕よりも遥かに若く柔軟な頭脳を持ったプレイヤーが
試行錯誤を繰り返して、いつか最適だという基準を見つけてくれることを、
僕は個人的にものすごく期待している。
(もちろんそれは速卓である必要は全然ないのだが)

「順位戦ではこう、収支戦ではこう、東風ではこう、東南ではこう」

どのルールにおいても共通する部分については確固たるベースを持ち
対応や調整が必要な部分では柔軟かつ機敏に反応できるだけの打ち手。
更に言えば、それを言語化できればなおいいだろう。

本来それは競技プロの役割だとは思うけれど
現状でプロの置かれる環境では
彼ら自身が築いた判断基準を発表するにはどうしても経済的な見返りを必要とする。
雀荘で長時間働いた後に、そこまで時間を割けるとも思えない。

ネットで、あるいはタイトル戦の中継などで彼らの打っている様を見て、
自分の考えは発信しないと誰にも何も伝わらないよと
僕はいつも思うのだけれど
「飯の種」を無料で他人に教えることは今の彼らには酷と言うべきなのかもしれない。
彼らの経済的基盤は余りにも脆弱であり、研究や発信に割ける時間は余りに少ないのだ。

であれば、ネット麻雀で純粋に凌ぎを削っている有志たちが
そこに辿り着いてくれることを期待しようと思う。
(コストやリターンを考えなければならないプロよりも
趣味でやっているアマチュアの方が
そういったものから解放されている分、思いもよらない成果を上げることなど良くある話だ)

”16歳で天鳳を始め、17歳で七段になり
試行錯誤を繰り返しつつ、また有志との検討を重ねつつ
大学の4年間で東風、東南それぞれ20000戦打ってW天鳳位になりました”

いつの日か、そんなプレイヤーが出てきたら。

もちろん、現役の打ち手として僕も戦いたい。



どうせだったらミゲル・カブレラ目指さんかい!って人はクリック!

リアル麻雀

プロ協会の「雀王決定戦」
最高位戦の「最高位決定戦」
立て続けに二つ、競技麻雀の観戦に行ってきた。

所用の合間を縫ってだから少しだけしか見られなかったけれど
天鳳とも縁のあるプロが出ているので頑張って欲しいなと思いながら観戦していた。

がしかし、リアルの対局は、観戦に向かない。

手牌が見えるのは角度的に言って最大で二人までだし
椅子に座って飲み食いしながらというわけにもいかない。
誰かとわいわい喋ることもできない。

時間もネット麻雀の観戦に比べれば大幅にかかる。

自動卓とはいえ、牌山が上がってきて配牌を取り、理牌をして
摸打を数十回、長考混じりに繰り返す。
一打一打の摸打の間には、他家からの発声がかかるかどうかを一拍待つ。

誰かが和了すればそれぞれが和了の成立を承認し、
点棒の授受が遺漏無く行われてから
ようやく次の局に移る。
団体によっては、自動卓に牌を落とす前に洗牌(かき混ぜる)までする。

だいたい半荘1回60分以上はかかると思う。長引けば100分オーバーだ。
その間、立ちっぱなしになることだってわりと良くある。

何と言うか、対局者も大変だろうが観戦者も大変な思いをする。

それでも、その息をするのも憚られるような緊張感は
個人的には結構好きだったりする。

ただ、対局が終り、勝者と敗者が決まっても
その場では質疑応答はもちろん、感想戦のようなものも行われない。
何を思い、何を目指して、その息詰まるような摸打を繰り返したのか
こちらからは推測するしかない。

せっかく著名なプロの戦いを見る機会があっても
それを振り返る時間が持てなければ少し惜しいなとも思う。

数日後、場合によっては数週間後にHPに掲載される観戦記を見ても
知りたいことが書かれているとは限らない。
ネタなのか本気なのか良く分からないような血液型の話が載っていたりすると
やはりその次も読んでみようかという気持ちにはなかなかならない。

それは記録の面にも言えることだ。

タイトル戦の決勝にもなると、記録として牌譜を採譜する。
1人の対局者に1名ずつ、採譜者が付く。
驚くことに、採譜は未だに全て手書きだ。
僕もホンの少しだけ競技の世界を覗いたことがあるのだけれど
実に25年前と全く同じことをしている。

その手書きの牌譜を「パイフン」というソフトに手入力して
ようやく何とか見られる状態になる。

その再現性の低さからなのか、
あるいは単に面倒だからなのか、
対局者の思考などが細かく解説されることはほとんどない。

例えば今日、最高位決定戦の第二節、
最初の半荘の東1局で
起家になった佐藤プロは8巡目に

二萬四萬二筒四筒六筒八筒九筒九筒二索三索四索五索西ドラ九筒

この形になって上家から出た三筒をスルーして、
次巡に出た七筒をチーしていった。

そして最終形はこうなった。

二筒四筒九筒九筒二索三索四索 ロン三筒 チー三萬横二萬四萬 チー七筒横六筒八筒

上家のリーチを受けた後、数巡押した後のことだった。
結果論だけ言うなら、リーチ棒は得したけれど、リスクを増やし和了を遅らせたことになる。

僕なんかだと三筒に喜んで飛びついてしまうけれど、
ドラ近辺の七筒が出にくくなると思ったのかなとか
上家の現物で待ちたかったのかなとか
そういうところはこちらは想像するしかない。

ここまでトータル4位で首位と100ptほど離れていることが
何か影響したのかもしれない。

ピンズの切れ方一つで大幅に対応が変わってくるところだろうけれど
場況などは全て記憶できるはずも無い。

だから、率直に言うならば、天鳳名人戦などにおいても
自戦記や解説などをどんどん発表してほしいし
今発表されている自戦記や質疑応答などについては
とても関心を持って読ませてもらっている。

もちろん手の内を全部明かしたくないとか
それぞれ思惑はあると思うので
こちらの勝手な願望に過ぎないのだけれど、
ネット配信が一気に普及したように
リアルの牌譜などもいずれもっと見やすくなるといいなと思う。


ともあれ、やっぱり麻雀は面白いなと僕は思うし
麻雀を愛する人たちが集まっている場というのは
それだけでいいもんだなと思ったりもする。

ネットにはネットの、リアルにはリアルの良さがある。
非喫煙者の僕にとっては、タバコの臭いだけは良さに含めるのは抵抗あるけれど。

發王位戦の天鳳予選が11月から行われるけれど
勝ち上がった人には是非出場してそれを味わって欲しい。
健闘を期待します。

title.jpg


↓お前は出ないのかYO!って人はクリック!

鬼打ちについて思うこと

数多く打つ、ということについて、
個人的にそれ自体にある種の敬意を持っている。

それはやはり、誰にでもできることではない。

そして強くなるためには、ある程度の打数をこなすことも大事だと
僕自身はずっと思っている。

ゴルフであろうと野球であろうと、あるいはテニスや卓球であろうと
自分のフォームを固めようとすれば
気が遠くなるほどの素振りをする。
サッカーやバスケットであればシュートを打つ。

麻雀だって似たようなところはある。

ある牌姿、ある場況になった時に何を切るかというのは
類型を数多く積み重ねることで反射的に最善手を選べるようになる。
天鳳のように時間制限があればなおさらだ。

理論だけを学んだところで
それは即座に実践を保証するものではないのだ。

その理論を身に付けたと言うためにはやはり反復という作業が必要であるはずだし
膨大な数の反復をこなしたという事実そのものが
苦しい状況で自分のメンタルを支えてくれることもあるだろう。
そしてそのメンタルが自分のフォームを支えてくれる。

昔に比べれば、麻雀が強くなるための環境は整ったと思う。

麻雀という、荒涼とした大地を旅していくための地図やアイテムは
近年一気に増えたのではないだろうか。

凸本、福地本に代表される戦術本(最新刊は買ってないけどw)、
プロや強豪が戦っている様をリアルタイムで見られる配信、
自分の牌譜を見直すこともできるし
それを元に誰かにアドバイスを求めることもできる。

一定以上の水準の打ち手になるための環境は
昔とは比較にならないくらい整っていると言っていいはずだ。

ただ、時々思うことがある。

その環境を鬼打つ際に果たして十全に生かしているだろうかと。
ただ闇雲に打っているだけにはなっていないだろうかと。

武器は武器として
防具は防具として
薬草や聖水は回復のためのアイテムとして使わないといけない。

きちんとマップを見て、地形を読み取って進んで行かなければいけない。

モンスターに出会って、どくけし草を振り回しても
それはモンスターを倒してはくれないし身を守ってもくれない。

鬼打つだけの情熱があり、
それを可能にする時間と体力を持ち、
必要十分な知性を備え、
切磋琢磨できる仲間がいて
地図や薬草、食料も背中の袋にたくさん詰まっている。

なのに自分がどこにいて、どこに向かっているのか分かっていないまま
背中の袋に手を突っ込んで、最初に指に触れた物を手当たり次第に振り回しながら
闇雲にあたりを駆け回っているような打ち手を
実を言うと時々見かける。

もちろんそれは余計なお世話だ。

たとえそうだとしてもいつかどこかにはたどり着くだろうし
何かを得ることはできるだろう。
行きたい場所、欲しい物ではなかったとしてもだ。

できることなら時々立ち止まって
自分の位置や進む方向を確かめたり
街の人の話を聞いてみたりするといいんじゃないかというだけの話だ。

それにだ。

アラスカのゴールドラッシュのように
偶然通りがかった荒地の峡谷にある川で水を飲もうとして
川底に砂金を見つけることだって
もしかしたらないわけではないよね。



だから・・・




さぁ  打とうぜ。


   オンライン対戦麻雀 天鳳
      http://tenhou.net/



隠しダンジョンだってうろうろしないと見つからないよねって人はクリック!

敗軍の将こそ語れ(第二回天鳳名人戦第二節)

昨年に引き続き開催されている「天鳳名人戦」。

この手のイベントは最初は注目されていても
次第に飽きられていくという危険を常に孕んではいるのだが
個人的には今回も非常に大きな関心を持って見ている。

というよりも、むしろマンネリ化するくらい継続してやってほしいとすら思う。
トッププロとトップアマがリーグ形式で行う真剣勝負の場、というのは
何だかんだ言って他には見られないものだから。

運営にしたっていろんな問題点を改善したり
飽きさせない工夫をする経験を積むことで
イベントのあり方についてのノウハウを蓄積できるだろう。

実際今期についてはラスに少しマイナスを加重するという形で
天鳳から選抜されてくるプレイヤーが適応しやすくしている。

それと同時に面子も今期は鳳凰卓選抜を行うことで
天鳳位だけでないユーザー選抜の枠を作っている。
結果としてより身近なイベントになっているという印象はある。
そうやってより洗練されたイベントとして定着していけばいい。

さてそれ以外の面子についてだ。

多井隆晴プロが今期も出場している。

前回は冴えない成績でずいぶん叩かれたりもしていた。
僕はプロのリーグ戦やタイトル戦の観戦も時々行ったりするけれど
多井さんの対局も観戦したことがある。

プロの間では評価が高いと言われているだけあって
その時も僕以外にもギャラリーを何人も背負って打っていた。

でもこの人ほどプロ内の評価と天鳳クラスタ内の評価が乖離している人も
ちょっと珍しいのではないだろうか。

それは結局のところ、ご本人の発信力に問題があるような気はする。
なぜそう打ったか、どんなことを考えていたのかという部分において
負けた側が語らないと評価は当然下がるだろう。
神視点で見ている観戦者からすればそれは当然のことだ。

「いや、そういうのは飯の種だから明かさないんだ」

というのであればそれもしょうがないのかもしれないけれど
大きな舞台での結果が伴わないのなら意味がないようにも思ったりする。

今回もいくつか疑問手があった。

ooi1.jpg

ここから6sを切ってのテンパイ取らず。

(*´ω`*)?

3着目との点差は7300点。

ドラを引く、あるいはカンチャン受けになる牌を引いてから
リーチをかけてツモるとラス抜けだけれど
それならツモか直撃&裏ドラ1枚に期待した方がいいのではないか。

赤5sかカン材の南を引けば裏ドラは要らないわけだし
親以外は無理に押してくることはなさそうな点数状況でもある。
リーチをかけて上2人(あわよくば親も)を降ろしておいて
残り14,5回のツモに賭けるというのはそれほど損な選択ではないだろう。

結局この後ごちゃごちゃとこねくり回した挙句
リーチも打てないままにラスで終了した。
何やってんねんと観ている人は思ったはずだ。

そして次戦。トップ目の親。

ooi2.jpg

打6p。

(*´ω`*)?

5pのアンコを固定する理由が全く分からない。
トイツ手の決め打ちをするにしても、だ。

結局この局は8p単騎になって
マーク2から上家とダブロンで和了したのだけれど

ooi4.jpg

はっきり言えば結果オーライにしか見えない。

だってタンヤオ手ではない仕掛けで6p手出しの後の9p手出しって
8pはむしろ警戒されるんじゃないのかって思うから。

そしてマーク2が2000点持ちのトビ寸になってからの3本場。

ooi3.jpg

この4mをスルー。
手の内がドラ色だらけになることを嫌ったのだろうか。

ちなみにこの4mを引いてチーテンを取っておくと

ooi5.jpg

上家のドラを食い取って2000オール+3本場でトップ終了になっているけれど
その結果論を抜きにしても、さらにここから上家が切った5pもスルーしていた。

最強最速(*´ω`*)?

まさかこのポンテンは見落としていないよね?
ドラ引きのフォローも残っているし、
(残っているどころか66888pの形はドラが何枚来ても全部使い切れるお得な形だ)
さすがにテンパイ入れていいんじゃないのかと思う。

ここから面前で仕上げてリーチをかけてツモって素点を叩くのも
置かれた状況からすれば悪いとは思わないけれど
何にせよ本人が積極的に語らないのならそれは伝わらない。

僕はこう見えても麻雀プロに対しては好意的な方だ。
好意的と言うよりは、一定の敬意を持って常に接している。

それは、麻雀という埒の明かなく食えもしないゲームに対し
揶揄や嘲笑を時に受けることも承知の上で人生を賭けるという
自分には選べなかった道を選んでいる人に対する敬意だ。

もちろんプレーヤーは自分の好きなように打てばいいのだけれど
打った結果で賞賛を受けようとするのであれば
打った結果で批判を受けることも覚悟すべきだと思う。
賞賛しか受け付けないなんてことは許されない。

また、プロとして戦術を語ってきたのであれば
その戦術はさまざまな角度からの評価の俎上に常に乗せられてしかるべきだ。

自分自身で検証する、あるいは下された評価に反論する手段は自分で作れる。
ブログでも配信でもいくらだって出来る時代だ。
PCに疎いとかそういうのは言い訳に過ぎない。

もちろんそれが単なる言い訳に終始してしまっては逆効果だろうけれど
観戦しているアマチュアはもうほとんどは承知しているのだ。

短期の結果だけではプレーヤーの技量は測れないということを。

だからこそプロは単なる結果だけではなく
その思考過程を明らかにすることでその存在意義を発揮できるのだと思う。

そういう発信力を持ったプロが
これからのプロに求められているのではないかと
僕は個人的には思ったりする。

並居るAリーガーを押しのけてCリーガーがゲストや解説に呼ばれているのって
結局はそういう発信力が評価されているからだと思うから。



もっと自演しろってことかお(*´ω`*)?って人はクリック!

身体で覚える

先日のゲストの時の話。

実に多くの方が、わざわざ来てくれた。
中には打てなくてもとりあえず行ってみようということで
お店に見学の可否を尋ねられた上で来てくださった方もいた。

僕など見ても致し方ないだろうとは思うのだけれど
そのご厚情には深く感謝するしかない。

もちろんお店にとってはその時点ではお客ではないけれど
天鳳ユーザーをゲストで呼ぶという試みをする上で
その日にとどまらない長期的な視点で見てくださったのだろう。
それにももちろん感謝せねばなるまい。

基本的にゲストの間はずっと打つことになっていたのだが
卓組の都合上、若干間隔が空くことがあって
その時にいらしていただいた方と雑談をする時間があった。

その中で、麻雀が強くなるにはという話題が出た。

例えば戦術書を読んだりあるいは上級者に添削を受けたり
何切る問題を解いてみたりと
そのアプローチはいろいろとあるだろう。

けれど、結局の所、理論を学ぶだけでは
それを生かすことは出来ないと僕は思うし
そういう旨の答えを返した。

戦術書にしても添削にしても
そこに書かれているのはいわば理論、原理原則であって
理論を現実に実践していくことや
その原理原則が当てはまる局面と当てはまらない局面を見分けることは
自分で判断し身に付けていかなければいけない。

例えば関連牌の枚数がどれくらい場に見えているか把握するのだって
実際に自分でやってみて慣れていかないと
いざいきなりやってみようとしても時間がかかったり見落としたりするはずだ。

学習と習得の間にはやはり「実践」「反復」
そしておそらくは「反省」という過程があるのだ。

そういう意味で言えば、天鳳というのは
強くなるためには理想的な環境だ。

僕が学生の頃は、そういうネット環境なんてなかったから
麻雀を打つといえばそれは当然リアルであり
大隈商店街のしけた雀荘に仲間と集まって夜通し打つしかなかった。

貧乏学生ながら、そこには幾ばくかレートが乗せられていたから
負けが込めばパンクということになる。

一日二日であれば借りも利くけれど
帳面博打がギャンブルを嗜む上で基本的な禁忌であるというのは
青二才ながらも皆承知はしていたから
その借りを返すまでは打ちたくても打てない。

反復も何もあったものではない。

それに加えて局面を振り返ろうにも
徹夜明けの疲れた頭では細部は当然うろ覚えになる。
帰りの電車の中でああでもないこうでもないと言ったところで
正解や最善手を導くための材料そのものがない。

溶けるように寝て起きる頃には綺麗さっぱり忘れている。

いつでも打て、どれだけ打っても月に500円、
さらには牌譜も全て残すことが出来るというのがどれほど恵まれた環境なのか
リアルの麻雀をされない方でもお分かりいただけるだろう。

ゲストで呼んでいただいた遊図さんは
ゲーム代も300円とテンゴ雀荘の中でも破格の安さだけれど
それとてラスを引けば学生にとってはそれなりに痛いものになる。

実を言うと、遊びに来てくれた方の中に
1回ラスを引けばもうパンク、という方がいた。

「いや、三鷹に来るまでの電車賃ももぶっちゃけ痛いって言ってました」

などと彼の知人が笑いながら仰っていたけれど
同じように貧乏学生だった僕には
その1戦の重みがとても良く理解できた。

(まぁそんなことを言いつつも、
彼は同じように来店してくださっていた十段様と同卓するという
若気の至りというか期待値度外視の行動を取っていたのだけれど
その無鉄砲さ、思い切りの良さも若者らしくて嫌いではないw)

結局彼とは同卓はできないままだったが
鳳凰卓で打てるのだから別に大した問題ではないだろう。

いずれにしても、どれだけ打っても月500円、
さらにきちんと選別された面子と打つことができる環境というのが
学生にとって強くなるためにどれほど大きく寄与するだろうと
周りの制止を振り切って朝から鬼打ちをしている彼を見て
僕はふと思ったりした。

とは言え、学業が本分である彼に言葉をかけるとすれば
(彼がこのブログを見ているかどうかはともかくとして)

「ほ、ほどほどにな」

というものに、それはやはりならざるを得ないのだけれど。



学生の頃に天鳳あったら自分だって留年してたんちゃうんか!って人はクリック!

≪ BackHomeNext ≫

プロフィール

omoteura

Author:omoteura
天鳳で日夜遊ぶ柏レイソルサポーター。

天鳳(鳳凰卓東風戦)の段位は現在八段。

tenhou_prof_20100117.jpg

アングラ小説はリンクから。
Twitter=@foolishowl0425

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。